FC2ブログ

「実践 日本人の英語」 

マーク ピーターセン著「実践 日本人の英語」を読んだ。日本人が犯し易い英文法上の間違いを、具体例を挙げて説明している。以前紹介した「英文法をこわす」のような、日本の英文法教育への根本的なアンチテーゼではなく、従来の英文法の隙間を、分かりやすく具体例を挙げながら、説明している、というべきか。

冠詞、接続詞、仮定法、誤用されることの多い動詞、副詞等々について、いかにあやふやな知識であったか、またはそれらの使用方法について誤っていたか、改めて教えてくれる書物である。著者が英語教師として長年経験したことに裏付けられていることがよく分かる。この本を読むことで、日本語と英語の間にある、文法上のギャップを意識することになる。我々は往々にして、日本語の論理で英語表現をしがちである。だが、英語には、日本語と根本的に異なる論理構造がある。この書物の内容のように具体的に提示されることで、初めてそのギャップを意識しないでいたのかが分かる、ということだ。

この本で得られる個々の知識は、いつの間にか意識の外に抜け落ちてゆくのかもしれない。この英文法の論理を、いわば無意識化するほどに自分のものにすることで、具体的な作文、会話を行う状況で使えるようになるのだろう。

著者は、最近の学生は、会話は上達したが、読み書きの力が落ちていると述べている。会話も大切なのだが、お互いの思想や、主張をnative相手にしっかり表明するためには、読み書きが必須だ。会話力を偏重することのないようにしたいものだ。そうした英語表現を正確に分かりやすく洗練したものにする上で、この本の内容は大きな助けになる。

あとがきの前で、著者は、「良い英語」に多く接することにより、語彙を増やせ、そこで出会った英文の形を次第に自分のもととすることができると、述べている。いわば、英語の文法の血肉化ということだろうか。この点も、もう一度肝に銘じて、学んでゆきたいものだ。これまでの私の英語がかなり片言の英語になっていただろうことを反省し、さらに優れた英文に接して、英語の表現の背後にある論理を自分のものにしてゆきたいものだと感じた。、

コメント

日本人の英語

20年以上前,「日本人の英語」を読んだ時,結構目から鱗なことが多かった覚えがあります.

>「a book」は「一冊の本だから a をつける」と習うと思うが,native にとっては,「a に book をつけている」「a を説明する語が book」
とか.
I ate a chicken.
の話とかよく覚えています.
http://hakuzou.at.webry.info/200901/article_7.html

本棚から探してみよう.
「実践~」も読んでみます.

Re: 日本人の英語

学校で学ぶ、規則の羅列の英文法よりも、よほど役に立ちますね。彼は、三冊ほど同じようなテーマの本を書いているようですね。「日本人の英語」二冊、それに「こころにとどく英語」、私も改めて読んでみようという気になりました。

でも、文法だけを記憶しても、使える英語にはなりませんね。例文を覚え、その論理構造を自分のものにする、考えずとも、自然に正しい英語表現が出てくる、という作業・プロセスが必要なのでしょう。

老骨に鞭打ち、頑張ります 笑。

今高校では,文法を教えなくなりました.
そして,英語の授業は原則英語で.

流暢な会話ができても,議論や交渉に役立たない英語教育が主流のようです.

Re: タイトルなし

英語の授業が原則英語というのは、凄いですね。学校外でも、テレビやitで、生の英語に触れる機会も多いし。学ぶ環境は整っているのですね。

あとは、モチベーションでしょうか。最近、留学する若い人たちが減っているとか。経済的に不利になるということがあるのかもしれませんが、世界に雄飛してもらいたいものです。

それと、英語の勉強と同時に、自分の考えをしっかり持ち、それを表明する意思を持つことですね。会話能力が優れているだけでは、薄っぺらな交流になってしまいそうです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/2974-eefc0f49