FC2ブログ

保守政治における社会保障についての思想 

現政権のスローガンは、産業競争力の向上によって、景気を底上げする、である。社会保障は、自助努力により、公的なものは削減する、という方向だ。

こうした社会保障への態度は、わが国の保守勢力が代々受け継いできた思想だ。

井手英策氏は、「日本財政 転換の指針」で次のように記している。

高橋是清、大平正芳、さらに池田隼人勇人の言葉を引用し、社会的弱者に対する安易な救済に厳しい見方が、彼らの財政施策に一貫して見られたことを述べている。日本の保守政治は、社会保障等による「救済」ではなく、公共事業に代表されるような「働く機会の提供」を重視してきた。これには、次のようなメリットがあった。すなわち、小さい政府をを実現し、租税負担を抑制する効果があった。また、低所得者を社会保険料の拠出者とし国の社会保険に組み込み、そこに社会的連帯を生み出す効果もあった。これが、保守政治の過去の社会保障観の井手氏による評価である。

だが、この公共事業による国家運営はすでに行き詰っている。高齢化と、「構造改革」による格差の拡大が、それを示している。現政権は、公共事業の代わりに輸出産業の力をさらに伸ばしたいと画策しているようだが、それで現在の問題は解決しない。基本的に、消費・需要を作り出してきた、生産活動現役世代が、現役を退き始め、それによって需要が大幅に減少しつつあるのが、現在の経済的な「低迷」の原因だからだ。

社会保障を、元来の保守思想に則って、自助努力・自己責任によって国民各自が自分で対処せよ、というメッセージである。医療介護についていえば、在宅介護が無理そうだと分かると、地域でになう介護というスローガンに変えられた。地域が市町村を指すとしたら、地方自治体の余力は、国と比べて大きく劣る。この曖昧なスローガンは、国が医療介護の基本的な骨組みについて、責任を放棄していることを示している。

消費税増税は、社会保障と国家財政の健全化に用いられるはずが、多くの部分を輸出企業を中心とする大企業のために使われようとしている。安倍政権は、消費税増税による経済の一段の悪化を食い止めたいと考えているのかもしれないが、これでは彼らの意図とは逆の方向に働く。保守政治の根本的な思想に変革が求められているのだが、彼らはそれに気づいていない。


以下、引用~~~

社会保障制度改革推進国民会議「報告書」の問題点
医療・介護で5兆円削減

(「全国保険医新聞」2013年10月15日号)


安倍内閣は、社会保障制度改革国民会議の報告書にのっとり、8月21日に「プログラム法案」骨子を閣議決定した。10月15日から開会する臨時国会に法案を提出する。国民会議報告書およびプログラム法案の骨子では、医療・介護費の抑制をを目的として、医療・介護の削減が狙われている。その内容を解説する。

厚労省が計画
「プログラム法案」は、「健康管理や疾病予防」や「介護予防」など「自助努力を行うインセンティブを持てる仕組み」を新たに作り、「個人の主体的な取組を奨励する」ことを明記している。さらに、「レセプト等を適正に活用しつつ」、外来受診の適正化などを推進するとしている。
厚生労働省は、「プログラム法案」に基づき、2025年度に向け医療費・介護費を5兆円削減するという目標を掲げ、「重点化・効率化」と称した給付削減・負担増とあわせて、医療費・介護費を抑え込む計画である。

健康が自己責任に
「国民の健康寿命が延伸する社会」と題した施策は、①ICT活用による重複受診・検査の防止などで1兆1000億円、②レセプトや特定健診など介護・医療データを活用した介護予防や認知症患者に対する早期対応などで1兆5000億円、③レセプト・健診データを活用した生活習慣病予防の指導などで2兆4000億円―を削減するとしている。2016年に導入される共通番号制度も利用する方向である。
健康増進・疾病予防や早期対応、公衆衛生を充実させ、国民の健康づくりを推進することは必要だが、医療・介護の給付削減・負担増を進めながら、一方で予防や健康づくりを進めていくことは両立しない。個人の健康や疾病には社会的・経済的な要因も大きく影響することを無視して、健康の自己責任論を押し付けようとするものではないか。
公的保険の範囲を縮小し市場原理に委ねる路線では、患者・利用者の重症化が進むなど医療費・介護費は逆に増大するだけである。

都道府県が国保を運営 介護保険は負担2割に
「国民会議報告」は、医療計画の策定者で、医療提供体制の管理・運営に責任を持つ都道府県に、国保運営についても責任を持たせる方針を明示している。都道府県単位での医療費抑制の実効性を増す狙いである。市町村については、医療費に応じた保険料を設定し、徴収責任を持つ方向が示された。
都道府県が新たに国保の保険者となるので、市町村一般会計から国保への法定外繰り入れを廃止する口実を与える一方で、都道府県が繰り入れる根拠もなくなる。保険料の賦課徴収の責任は市町村に残すからである。医療費と保険料が連動する仕組みを構築し、さらなる保険料の引き上げが狙われている
厚労省は、国保へ約2000億円を投入することにより、低所得者に対する保険料軽減措置を拡充するとしているが、消費税増税と一体で実施する方向であり、保険料軽減分は吹き飛んでしまうことになりかねない。
後期高齢者医療制度については、「十分定着している」として廃止を否定した。75歳以上の高齢者に限った医療費(給付)と保険料(負担)が連動する仕組みが継続することになる。

高齢者の生活 崩壊の恐れ
「国民会議報告」に基づき、厚労省は、「一定以上所得者」の介護保険の利用料1割を2割へ引き上げ、施設入所者の居住費・食費を軽減する補足給付の対象を縮小する計画で、来年の通常国会へ介護保険法改定法案を提出するとしている。
厚労省は「一定以上所得者」は、年金収入で年間280万円以上か290万円以上という2案を示し、補足給付の対象については、固定資産税評価額で2000万円以上の不動産、金融資産で1000万円以上(単身)を持っている人は支給対象から外すことを提案している。
また、特養老人ホームへの入所は「要介護3」以上に制限する。要支援者(約150万人)の 介護予防は、保険給付を廃止し、「新たな地域包括推進事業(仮称)」に段階的に移行させていく方針を示している。サービス内容は市町村任せであり何の保証もない。サービスの切り下げで高齢者の生活が崩壊する事態になりかねない。

以上

コメント

池田勇人が正しい!

池田 隼人 ではなくて 勇人が正しい。
あの『貧乏人は麦を喰え!』と言った人。

よく存じております。謹んで訂正させていただきました。

最近、白内障により近視化しており、細かな文字が見えづらくなっています。誤字の類、ままあるかと思いますが、文脈上問題なければご容赦ください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3010-a5800953