FC2ブログ

Lorin WA1PGB 

今朝28メガのCWは、K9Wへのビッグパイルで20、30KHz台はほぼ埋め尽くされていた。少し上に上がり、CQ。呼ばれない。でも何度か繰り返しているうちに、ぼちぼち呼ばれるようになった。

WA1PGB、メーン州のLorinが呼んでくれた。聞き覚えのあるコール。信号は決して強くない。交信を進めているうちに思い出した。Drew VK3XUがかって言及していた、クラシックのピアニストである。Lorin Hollanderでググると、1950年代から活躍を続けてきたピアニストとして、様々な記事が現れる。11歳でカーネギーホールでデビューしたらしい・・・神童と評価されていたのだろう。

QRZ.comで彼のbioを見ると、三人の息子さんに囲まれ、それに若い奥様とともに幸せそうなLorinがいた。使っている無線機は、TS830らしきもの以外は、コリンズの75Aシリーズ、KWSシリーズの古い機械のようだ。

ピアニストをなさっているのですね、と尋ねると、いや5年前にリタイアした由。でも、クラシック音楽は、今でも愛している、とのことだった。

交信の終わりころには、ほとんど存在が分かるだけにまで、信号が落ちてしまった。お互いに、以前に会ったという前提で交信を進めていたが、果たしていつお会いしたのだったか・・・もしかしたら、Drewから聴いていたので、初めてと思わなかっただけなのか・・・。再会を約して、早々に失礼させて頂いた。

「稀には」こうした出会いもあるから、なかなかこの趣味から足を洗えないのだ・・・。

コメント

今年2月にLorinとQSOし私のブログにアップしました。それに対しShinさんから未交信だけどピアニストとして有名でぜひお目にかかりたい・・・・とコメントされていました。多分その記憶が???と思いました。今朝の28メガはVFBでしたが、パイルで30KHzあたりはNGだったので下の方で東海岸局と沢山QSOできました。

Re: タイトルなし

そうでしたね・・・道理で、qrz.comの彼のページ(シャックの写真)を見た記憶があったわけです。bioの方の写真は新たに加えられたのでしょう・・・見た記憶がありませんでした。そういえば、お孫さんが生まれたということも仰っていましたね。彼も、「また会えてうれしい」というので、てっきり以前に交信したことがあったかと思い込んでおりました。いや、いぜ~~んにお会いしているかもしれません・・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3021-be2929b3