FC2ブログ

特定秘密保護法 1年以内に施行 

秘密基準を策定しようが、特定秘密の妥当性をチェックするといおうが、すべて密室内で行われ、密室内で処理される。国民を処罰対象にするのは間違いだ。情報公開を徹底しないで、秘密保護に厳罰を導入するのも間違い。

この法案成立に対する海外の反応、喜んでいるのは唯一、米国だという。ほかの国のメディアは、憂慮を表明している、とのこと。この法律が何のために作られたのかは、押して知るべしである。

安倍首相、説明が足りなかったというが、自民党公約になく、首相表明演説での表明されなかった、本法律を1カ月程度で成立させたことの反省がない。安倍首相が述べるような、国民が誤解ではない。国の形を決める、こうした重要法案を決めるにはあまりに拙速だ。

将来を生きるお子さんをお持ちの方々、この法律が国の形を決める、お子さん方がこの法律によって縛られ、血を流すことを強制されることを忘れないで頂きたい。この法律の廃止に向けた運動がどうしても必要だ。


以下、引用~~~

13日に秘密保護法公布

2013年12月10日(火)12時14分配信 共同通信

 政府は10日午前の閣議で、機密漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法を13日に公布することを決定した。施行日は公布の日から1年を超えない範囲内で定めると規定されている。安倍晋三首相は閣議に先立つ自民党役員会で、法成立後の内閣支持率低下を踏まえ「世論が厳しいことは認識している。しっかり説明して誤解を解きたい」と述べた。

 13日の公布を受け、政府は秘密指定の統一基準を策定する「情報保全諮問会議」や、秘密指定の妥当性をチェックする「保全監視委員会」の設置準備に取りかかる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3056-6da22d63