FC2ブログ

裃の下の鎧 

裃の下の鎧なのだろう。本音がちらりと出てくる。

政権与党の幹事長たるもの、もし法律を理解しないで、こんなことを言っているとしたら、失言では済ませられない。そんなことはないと、信じたい・・・だが、そうではないとすると、それはそれで困ったことだ。

マスコミを含めて、国民にとっては、何が特定秘密かわからない。特定秘密報道が処罰されることになると、報道は委縮するだろう。それを、彼らは狙っているとしか考えられない。


以下、引用:

自民・石破幹事長、特定秘密の報道「抑制すべきだ」
2013年12月11日20時28分

 自民党の石破茂幹事長は11日、日本記者クラブで会見し、特定秘密保護法で指定された秘密を報道機関が報じることについて「何らかの方法で抑制されることになると思う」と述べた。具体的な方法には触れなかったが、特定秘密に関する報道は規制する必要があるとの考えを示したものだ。

 さらに、石破氏は秘密を報道した場合について「最終的には司法の判断だ」と発言。処罰の対象になり得るとの見方を示した。

 しかし、秘密法は「国民の知る権利の保障に資する報道又(また)は取材の自由に十分に配慮しなければならない」と明記。正当な取材で秘密を入手した場合は処罰の対象にならず、秘密を報じた場合の罰則規定もない。そもそも公務員らが「これは秘密だ」と言わない限り、報道する内容が秘密かどうかさえ知ることはできない。

 石破氏は約2時間後、自民党本部で記者団に「(秘密を)漏洩(ろうえい)した公務員は罰せられるが、報道した当事者は処罰の対象にならないということだった」と訂正した。秘密に関する報道についても「抑制を求めたものではない」と釈明した。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3061-d737fc60