FC2ブログ

ARRL CW 2014 

先週末行われた上記コンテスト、コンディションが良かったようで、たくさんの局が聞こえていた。ハイバンドは良く開け、21メガでは、午後遅くまで西海岸が聞こえていた。7メガも、午後3時頃には北米とヨーロッパが聞こえていた。私は、他のことに時間を割きながら、ときどき7と21でちょこちょこ呼びに回った。知り合い、それに応答の少なそうな局にポイントをあげるためだった。

月曜日の朝、7時半過ぎ、21メガの調子が良さそうなので、ちょっと冷やかしに、上の方でCQを叩いてみた。すると、うわーんとうなるようなパイルが出現。参ったな、と呟きつつ、ハムログ、それにメモリーを入れていないキーヤーで対応。後で気づいたのだが、受信機のフィルターが500Hzと広めになっていた。呼んでくる局が一塊になって聞こえる。一回呼ばれただけでコールを取り切れない。受信設定の誤りもあったが、受信能力が確実に落ちていることを思い知らされた。まあ、あのパイルアップ対応能力なぞもう必要ないものではあるのだが、往年、切っては投げ切っては投げ(?)パイルをばさばさと捌いていた当時が懐かしく(美化しすぎかもしれないが)、現状が少し残念に思えた。

今後は、ちょっと呼びに回る側に居続けようと、改めて思ったことだ。face bookで、この有り様を報告したら、私より数歳年長のJohn W8FJが、N1MMのソフトを使ったらと真面目に勧めてくれた。その直後、Harry K7HKが、N1MMのマニュアルをダウンロードしたら300ページもあったぞと交ぜっ返していた。本格的なコンテスターに戻ることは、私はなかろう。

コンテストが終わると、さーっと潮が引くように、何も聞こえなくなった。何度かCQを叩いていると、旧友のKF7E Jimが出現。結婚なさったお嬢様Amberのことなどを伺った。今年の夏、シアトルでまた会えれば良いねと語り合いつつお別れした。

この春が、サンスポットサイクルのピークの一つなのかもしれない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3123-5e9e261a