FC2ブログ

自然エネルギー白書 2013 

上記の本を手に入れた。B5版、300ページを超える。環境エネルギー政策研究所編。2000円。七つ森書館発行。下記サイトで注文できる

http://www.isep.or.jp/jsr2013

現政権は、原発を基幹エネルギーと位置づけ、今後原発の再稼働を進める気配だ。これは、国民の意思に反するだけでなく、世界の潮流に反する誤った政策であることが、この本から分かる。

東電や官僚は、原発再稼働を進めるために、現時点の福島第一の事故の実相も明らかにしない。または、故意に誤った情報を流している。原子力村の人々は必死なのだ。世界のエネルギー政策は、一斉に自然エネルギー利用に向かっている。自然エネルギーへの政策傾注、さらに投資はすさまじい勢いだ。自然エネルギーが原発問題、地球温暖化問題の解決になりうること、そして経済的にも成立しうることを本書は指示している。原子力村の世論誘導に惑わされることなく、エネルギー政策が如何にあるべきか、自らの考えを持つうえで、本書は必携の一冊だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3124-ee4607de