FC2ブログ

原発事故関連死 

東電福島第一原発事故で亡くなった方はいない、という声が、原発再稼働を目指そうとする人々から聞こえてくる。

だが、この事故に関連して亡くなった方は1月19日現在、1656人となった。まだ故郷を離れて避難生活する方々は15万人を超える。住む家と、仕事と、近くの知り合いと、そして故郷を失うことは、社会的に生命を奪われることだ。

福島県の人々は、原発立地で補助金をたくさんもらっていたのではないかという主張もある。そうした補助金の多くは、箱ものを作るためのひも付きの金でしかなかった。さらに、補助金を受けたのは一部の市町村でしかない。多くの人々は、ただ原発の立地のリスクだけを負わされてきた。

何度か通った浜通りの平和な田舎町の様子を思い起こすにつけ、そこを追われた人々の痛みを、どれだけ理解しているのか、理解しようとしているのか、と問いかけられるような気がする。



日本経済新聞より引用~~~

福島の震災関連死、直接死超す 避難長期化で1656人
2014/2/20 1:43

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故による住民避難が続く福島県で、体調悪化などが原因で亡くなる「震災関連死」の死者が19日現在で1656人となったことが県などのまとめで分かった。津波など震災を直接の原因とする死者1607人(10日の警察庁集計)を上回った。

 福島県は現在も約13万6千人が県内外に避難しており、県の担当者は「それまでの生活が一変した上、帰還など将来の見通しが立たずにストレスが増していることが要因」とみている。岩手県の関連死は434人、宮城県は879人で、福島県の多さが目立つ。

 復興庁によると、昨年9月現在で震災関連死とされた人の約9割が66歳以上。県は市町村と連携しながら、仮設住宅やアパートなどの「みなし仮設」を保健師らが巡回し、避難者を見守る活動を強化する。

 19日現在で関連死と認定された人を福島県の市町村別で見ると、南相馬市が最多の447人。次いで浪江町が317人、富岡町が225人と続く。南相馬市は一部が、浪江、富岡町は全域が原発事故の避難区域に指定されている。

 震災関連死に該当するかどうかは、遺族の申請を受けて市町村の審査会などが災害と死亡の因果関係を判断する。

 東日本大震災を受け、厚生労働省は認定する際の参考として、2004年の新潟県中越地震で長岡市が作成した基準を例に「震災から1カ月以上たつと関連死の可能性が低い」などを目安として示した。しかし、原発事故から3年近く経過した今も関連死は増え続けている。関係者からは「原発事故に合わせた新たな基準づくりが必要」との声も出ている。

 浪江町仮設診療所の関根俊二医師は「自力で歩けなくなるなど、長引く避難生活で高齢者は急激に弱っている。農作業など生きがいを持って生活できる環境を早く整備することが必要」と指摘している。〔共同〕

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3128-564db485