FC2ブログ

財政破たん一歩手前 

わが国の財政状況。さすがに、円高には振れないようだ。この財政状況をみれば、それも分かる。

マスコミは、この問題をあまり突っ込まない。バラマキによる一時の多幸感に酔っているのだろう。

私は、社会福祉、特に医療、それにエネルギーに、技術面、人的な面で投資を行い、それによって国内の需要を喚起することだろうと思うのだが、ここまで財政状況が悪化していると、そうした対策も、効果が期待できないのかもしれない。少なくとも、公共事業と輸出業主体の対策は意味がない。

さて、この1、2年後にどのような経済状態になっていることだろうか。


以下、引用~~~

財務省が31日発表した2012年度末の「国の財務書類」によると、負債が資産を上回る「債務超過」の金額は、これまで最悪だった11年度からさらに17・7兆円増えて477・0兆円となった。

 社会保障費などを賄うために発行した国債(借金)残高が増えたためで、12年度の名目国内総生産(GDP)の472・6兆円を上回った。

 資産は、円安が進んだため国が保有している米国債などを円換算した評価額が膨らみ、11・3兆円増の640・2兆円となった。

 一方、負債は28・9兆円増の1117・2兆円で、5年連続でこれまでの最大を更新した。基礎年金の不足分を穴埋めするための「年金つなぎ国債」を2・6兆円発行するなど、国債の発行残高が36・3兆円増の827・2兆円となったためだ。

(2014年1月31日20時14分 読売新聞)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3140-f490f064