FC2ブログ

STAP細胞騒ぎについて 

理研の小保方晴子氏らが、STAP幹細胞を発見したというニュースに接した時には、驚き、そして祝福したい気持ちになった。が、このところ、報道されている通り、彼女たちの実験が再現できず、さらにその報告に、明白な作為があることが判明した。NATUREに投稿した論文も取り下げになるらしい。

彼女たちの報告に見出された作為とは、一つは、STAP幹細胞の由来が成熟した体細胞であることを示す根拠であり、もう一つはSTAP幹細胞が三胚葉に分化しうるという根拠を与えるものについてだった。これでは、STAP幹細胞なるものが虚構であると疑われても仕方ない。ただし、以前からストレスによって成熟細胞が幹細胞様に再構成されることが知られており、さらに今回のSTAP幹細胞の追試の一環として、マウスの脾細胞にストレスを与えると、一部に幹細胞の幹細のマーカーが出現したことも報告されている。この報告自体は、あまりに杜撰な内容だったので、白紙に戻すのは当然のこととして、さらなる研究が進展することを期待したい。

このような杜撰で、詐欺的と言われても仕方のない研究を、彼女たちがどうしてすることになったのかも是非明らかにしてもらいたい。第一研究者である小保方晴子氏のキャラクターによるところが大きいのだろう。彼女の大学院での博士論文にもコピペが見つかったという。彼女の責任が重たいことは当然として、彼女を指導する教官は一体何をしていたのだろうか。科学研究の厳しさ、その厳しさを通してしか、本物のデータが出せないことを教えなかったのか。また、再生医療に結びつくこうした研究では、多額の研究資金が動くらしい。それに絡んで、理研の上層部の判断が誤ったことはないのだろうか。

彼女たちの「成果」への賛辞を以前このブログでアップロードした。それは本来削除すべきかもしれないが、こうした事例があったことの一つの記念として残しておくことにする。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3145-7c142518