FC2ブログ

作曲と天皇制と 

今夕、東京都下にお住まいの常連の友人と短い交信を7メガで終えたあと、シアトルのDoug NC3Iから呼ばれた。Dougは、昔のTR4というリグを使っており、一番新しいリグは、アイコムの何とかいう、全波受信のRXだとのことだ。彼のQRZ comページを見ると、メルアドがワシントン大学となっている。大学で何をなさっているのか伺った。ちょうど博士課程の大学院を終えたばかりとのことだった。専攻は、音楽。作曲をなさる方らしい。

私は、現代音楽は苦手で、せいぜいベルクやシェーンベルクの初期までしか聞かない。現代音楽は無調によって生命感を失ったのではないか、と生意気なことを申し上げた。すると、無調音楽はもう古いのだよ、というお返事。KYOTO MUSICというから、日本の伝統的な宮廷音楽のことなのだろうか、彼は、それに基づき、即興演奏も取り入れた作品を書いているとのこと。あちらの時間で丁度前日の夜に演奏会が終わったばかりだと言っていた。日本でも演奏会を開く予定があるらしい。アマチュア無線との接点で電子音楽にも関心があるとか。どんな音楽なのだろう。少なくとも伝統的なクラシックからは少し離れた作風なのか。彼は、武満徹のことを高く評価していた。日本に彼が来るときに是非お会いしようと言ってお別れした。

夜、寝る前にと思い7メガにまた出た。Don WB6BEEからのコール。昨日1時間程交信したばかりだったが、彼の奥様の新しい仕事、そのオフィイスの話題でまたひとしきり。現在はGoogleで。どこでも詳細な地図を見られるので、新しいオフィイスの場所を見つけようとしたが、分からず。彼自身もまだ正確に把握していないらしい。彼の住む町は、リゾート地域の小さな町のようだが、やはり全体を眺めると、そう簡単には見つからない。私は何をやって過ごしていたのか、と話題を振られた。庭仕事は全くせずに、本を読んだり、その倍以上の時間を無線に費やしたり(とは言わなかったが)して過ごした、と答えた。天皇制についての面白い本(「昭和天皇の終戦史」岩波新書)を読んでいるのだ(正確に言うと、読み返している)。すると、日本の天皇は、選ばれてその地位に着いたのか、という彼の質問。米国の普通の市民の方の認識では、そういったところなのだろう。天皇の系譜は、古代にさかのぼるとされており、明治時代に、その万世一系の天皇家の系譜と神道の宗教性が組み合わされて、日本民族が優れているという観念が生み出され、それが一種の宗教性を帯びた、それによって第二次世界大戦という破局に国が導びかれたことを説明したのだが・・・ちょうどCONDXが落ち加減となり、その話はまたの機会にということで終わりになった。こうした話を、冷静沈着に分かりやすく短時間で説明するのはなかなか難しい。まずは自分でよく理解しないといけない。

興味深い交信を楽しむためには、勉強が必要であることを改めて痛感した。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3153-78992374