FC2ブログ

集団的自衛権行使によって生じる結果への責任 

集団的自衛権行使容認に反対する、社民党のポスターに

「あの日からパパは帰ってこなかった」

というキャッチコピーが記されている、という。集団的自衛権行使によって、戦場に駆り出され、帰らぬ人となる自衛隊隊員を仮想しての台詞だろう。

また、共産党区議が、ネットで、この問題について議論し、ニートを戦場に送れば良いと発言した若者に罵詈雑言を浴びせて、そのために区議を辞職した、とも報道されている。

こうした事象各々の評価は別として、集団的自衛権行使容認によってもたらされる結果についての議論が余りに乏しい。安全保障の危機と、愛国心を煽り、集団的自衛権行使に向けて遮二無二進む安倍政権は、結果責任を取ることはないのだろう。

ネットでの議論を観ても、集団的自衛権行使により、どのような結果が生まれるのか、他人事のような議論が多い。現実を観ていない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3248-2e208622