FC2ブログ

Don WB6BEE 

今日、草むしりに汗を流していると、郵便屋さんが小包を持ってきてくれた。海外からの小包。送り主は、コロラドに住む無線の友人 Don WB6BEEだ。私の退職祝いに、table ornamentを送ったと数日前にメールで言って寄こしていたので、これがその祝いの品だ、と思った。何やら重たい。開けると出てきたのは・・・

016-1_201407292008479ef.jpg

なんとバイブロのバグキーである。これを食卓に飾るわけにはいかない。一台、バイブロのバグキーを私が持っているのに、どうしてという思いがふっと湧いた。

同封の手紙には、我々の友情の証に、退職記念としてこのバグキーを送る、とあった。実は、このバグキーは1949年製。私の生まれた年に作られたもので、ebayで見つけてくださった由。重りが紛失していた以外は、とても良い状態だった、とのことである。確かに、最初観た時には新品に思えた。

重り、接点、スプリング等を新たにバイブロに注文し、W0EBが制作しているという短点のスタビライザーも得、さらに磨き上げて、こうして送ってくださったのだ。

手紙には、私と知り合ってから特に親しい思いを抱いてくださっていたと記されていた。彼と交信をはじめてから、まだ3年も経っていないのではあるまいか。無線で交信するだけではなく、メールのやり取り、ブログコメントでのやり取りもたくさん繰り返してきた。お互いに、かなり突っ込んだことも率直に語り合うことができた。彼は、細やかな心配りをなさる方であり、時には、そこまで気を使うと疲れてしまうのではないか、と思うほどであった。

でも、私のことを高く評価してくださり、また私も、彼をそのきめ細やかに心配りをされることや、物事の感じ方という点からも共感し、また同じ性向だなと感じることが多い。彼は、仕事の関係で日本に何度も来たことがあり、大の日本びいきでもある。お互い60歳台になってからの友人だが、末永くお付き合いをさせて頂きたいと思っている。

送られてきたバグキーを組み立てながら、こうして第二の人生の門出を祝ってくださる彼の気持ちにぐっとくるものがあった。

コメント

素晴らしい贈り物!

素晴らしい贈り物ですね?
Keyも「Vintage品」であることもさることながら、手に入れてからの「気持ちの込め方?」が素晴らしい!

これは無線を廃局しても手放せませんね?
大事になさってください。

Re: 素晴らしい贈り物!

廃局は、まだしばらく先になりそうですが(笑)、大切に使ってゆきたいと思います。数年前に手に入れた、同じモデルよりも、安定した短点が送出できます。私がこの世にいなくなっても、誰かに受け継いでもらわねばなりませんね。楽器みたいなものです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3255-fe92f20c