FC2ブログ

CWを「読む」 

相変わらず、WのCWオペのなかに会話が成立しない方が結構いることに驚かされる。早く立ち去りたいのかもしれないが、QRZ.comのページで知った相手の情報について、尋ねたり、感想を言ったりしても、反応がないのだ。私の印象では、Wの連中の3、4割が、会話の成立しない方々である。

20、30年前は、このようなことは殆どながったような気がする。どうしてなのだろうか。モールスコードを覚えただけで、オンエアーする方が増えたのかもしれない。もう一方では、CWで送られる電文の意味をとる訓練を受けていない方々が増えている可能性もある。コッホメソッドや何やら、PCで訓練をして、無線にデビューする方が多いようだ。CWopsのCWAというプログラムで訓練しているやり方もそんなものだ。だが、それだけでは、会話ができるようにならない。

コードを覚えることと、会話ができるようになることとは、アルファベットを覚えることと、英会話ができるようになることの違いほどにおおきな違いがある。我々、non nativeでは英語というバリアーがあるのだが、nativeであっても、かように会話ができない方が多いとなると、英語の問題だけではなさそうだ。電文で送られる英文を「読む」訓練が必要なのではないだろうか。この点に関しては、訓練の必要を説く人がほどんどいない。

電文で送られる内容を読むことにこそ、CWの面白さがあるのだが、それに気づく方が少ないことは残念なことではある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3277-3b9310c4