FC2ブログ

マスコミも必ず誤る 

朝日新聞が、慰安婦問題と吉田調書問題の誤報で、袋叩きにあっている。両者ともに、それだけ大きな問題であることを反映しているのだろう。各々の問題について、ここで取り上げないが、この「袋叩き状態」、挙句には「非国民」呼ばわりまで出てくる状況に異様なものを感じる。

誤報問題への対処をリスクマネージメントとして捉えた、この論考が参考になる。

誤報は決してあってはならない、誤報をしたらそのマスコミは社会から姿を消すべきだ、という論調niは、医療過誤の問題、それに対する社会、マスコミの対応に通じるものを感じていた。

健全なマスコミは、時の権力を監視し、批判する存在として、私は必要だと思う。こうした事件を、一部のマスコミや、時の権力者が、自らの見解の正当性を強め、権勢を伸ばすために利用することはあってはならない。

誤報は常に起きうるものであり、それの生じた背景・原因を検証し、対処すること、その際に原則責任を直接追及しないこと。また、上記論考の著者が述べる通り、誤報の生じる背景にある、誤報に近い記事へ対処することが必要だろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3299-a021b15c