FC2ブログ

東電は潰さなければいけない 

東電は、原子炉損害賠償・廃炉等支援機構から、資金援助を受けている。こちら。すでに総額4兆円を超えている。東電が自ら語るように、その資金援助がなければ、経営を続けることはできなかった。同機構の資金は、結局、国民が支払う税金と、電気料からなっている。

東電を潰す必要がある。さもないと、深刻事故を起こしても、自ら廃業に追い込まれることはない、だったら、既存の原子炉を使い続けようという発想を、電力会社の経営陣に抱かせることになる。原子炉を稼働する経営上のリスクは以前から分かっていた。それを無視し、原発をどんどん増やし、それにより利益を受け続けてきたのが、電力会社とそれを取り巻く原子力村の組織・人間であった。リスクを冒した経営者には、それなりの責任を取ってもらわなければならない。それが、資本主義の原則ではないのだろうか。

福島第一原発事故当時の東電経営陣は、皆天下りをしているという。

コメント

東電は潰さなければいけない

批判するだけなら簡単だが、それでは潰してどういうスキームで処理するのが適切なのか、あなたの考える具体的な対応案をセットで示さなければ意味がない。
なお、天下りと震災による原発事故の発生とは物理的な因果関係はない思うが。

masaさん

初めまして・・・でしょうか。コメントをありがとうございます。初めてのコメントの際には、できましたら、所属ないし、私との関係をお教えくださると嬉しいのですが。

私の、この小文の意図は、原発再稼働に動き出している、電力業界全体に根本的な反省を要求したいということです。東電を潰すことで、ステークホルダー、経営陣の責任が追及できます。原発事故が起きたら、国が面倒をみるという甘えの構造を壊すことになります。

東電を潰したあとのスキームを示さなければ、電力業界への問題提起ができぬ、という発想そのものが、現在の原発問題を生んできたのではありますまいか。ユーザーとして、国民として、電力業界の進むべき方向についての意見を述べることは許されることだろうと思います。

東電は、一度潰すべきです。国有化をして、その後進むべき方向に、一部の人間だけでなく、国民の声を反映させるべきです。

確かに現在の経営陣の甘さはあるが、国有化すれば全額税金での処理。もっとも原発法作った当時、リスクがある原発参入を嫌がる電力業界を天災等による免責条項を入れてねじ伏せ、国主導でこれまで進めてきた原子力政策、そのツケが先の震災を契機に国民に降りかかってきたもの。もちろん一義的には時の政権や電力業界にも責任があるが、これまで原発による利益や地域振興を甘受してきた国民にも責任があるでしょう。初めてお目にかかるexハム。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3322-8219219d