しばらく間が空いて・・・ 

最初にお断りしておくが、しようもない話しである。

最近、7メガで立て続けに、こちらを呼ぶまで時間がかかるWの方、お二人にお会いした。

一人は、K6***という、ボーイスカウトのクラブ局。あちらでは、真夜中の時間帯だったろう。私がCQを出して、20、30秒遅れで呼んでこられた。何故かなと不思議に思いつつ、一通りレポートなどをお送りし、受信に移る。すると、また30秒程度、シーンと静まり返る。ははんと思い当たり、デコーダーをお使いかと尋ねた。その通りとのお返事だ。交信の仕方等も滅茶苦茶だが、CWで交信をしてみたいという意欲だけは感じる。是非デコーダーではなく、頭でデコードなさるようにお勧めめして、早々にお別れした。ボーイスカウトたちにデコーダーを使って交信するところを見せるのだろうか・・・。

もう一方は、Mitch KB6FPWだったか。私がCQを出しても応答がないことが圧倒的に多いので、周波数を動かさずに、しばらく別なことをしながら、聴き続けていた。すると、3、4分してから、か細い信号で私を呼ぶ局があり、それがmitchだった。TentecのArgonautという機械を、ベッドサイドに置き、寝る前の時間床に横になりながら、ワッチしているのだという。私の信号が聞こえたので、慌てて、リグを抱えて、シャックまで降りてきた由。寝室では、どんなアンテナを使っているのか聞いたが、弱くて聞き取れず。本家のアンテナがロングワイアーなので、恐らく同じような簡単なアンテナなのだろう。いろいろと訊きたいことがあったが、ノイズすれすれの信号なので、止む無く15分程度で切り上げた。いくつくらいの方で、どんな仕事をなさっているのだろう。CONDXが良い時にお会いして、いろいろとお聞きしたい。寝床でワッチする、などという熱心なハムは、今ではごくわずかになってしまったことだ。

日が沈むころ、7メガは静まり返り、全世界に同時に開ける。勿論、CONDXにもよるのだが、そうしためくるめくようなオープニングを楽しむことがこれからしばらくの間可能になる。昨日、facebookの無線のグループで、その時間帯、07から08Z、に私はしばしばCQを出すのだが、応答が大変に少ないことを嘆いた(今までも繰り返し嘆いている)。すると、何人かの北米の方が、聞いてみるよと、そのグループ内で声をかけてくれた。のんびりラグチューに花を咲かせられるようになることを期待して、今日もその時間帯に出てみる積りでいる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3337-b2ae6346