FC2ブログ

自宅介護療養の悲劇 

現政権は、病床を減らし、自宅での療養介護を進めています。地域を病院にする、というスローガンです。確かに、住み慣れた自宅で家族による療養介護を受けられれば、患者さんにとってはベストです。

しかし、経済的な理由で共稼ぎが多く、また核家族化している世帯が多い現在、自宅での療養介護は難しいことが多いでしょう。そこで、このニュースのような悲劇が起きることになります。これは、特殊な例ではなく、あちこちで起きる事例となることでしょう。

美しい国とは、こうした悲劇が起きる国なのでしょうか。

産経新聞から引用~~~

孤独な介護、出口なく…寝たきり夫を放置死の妻

≪働きづめで全財産5万円≫

 大阪市淀川区で2月、寝たきりの男性(63)が食事を満足に与えられず、床擦れから肺炎を起こし死亡した。介護を投げ出し夫を放置したとして警察は妻(50)を逮捕。公判は4月から始まるが、関係者の話から、出口を見失った孤独な介護の姿が浮かんできた。

 「土足で入って」。2月6日夜、庄司聖子被告=保護責任者遺棄致死罪で起訴=は駆け付けた捜査員に声を掛けた。市営住宅が立ち並ぶ川沿いのマンション。ごみが散乱し悪臭が漂う室内に、やせこけた夫、忠さんの遺体が横たわっていた。

 庄司被告は仙台市出身。人間関係のトラブルで地元を離れ、平成7年に忠さんと結婚、大阪に移った。忠さんは設立した会社が倒産、病気で2年前からほぼ寝たきりに。同じ階の住人は「夫婦で暮らしていることも知らなかった」と話す。

 仕事を3つ掛け持ちし、働きづめだった庄司被告。11年から近所の工場でパートで働き、空気清浄機の部品交換や洗浄を担当するグループのリーダー格だった。

 夜は焼き肉店、週末の深夜はお好み焼き店でもパート勤務。焼き肉店店長(55)は「悪臭なんて信じられない。店ではクーラーまで掃除してくれたのに」。地味だが清潔感ある服装を思い浮かべ、「プライベートは全然知らない」と首を振った。

 月収は約23万円。家賃に7万2000円、消費者金融への返済で5万円が消えた。週2回ほどパチンコに行き、全財産は5万円余り。

 「金がない」と夫を病院に連れて行かず「散らかった部屋を見られたくない」と救急車を呼ばなかった。死ぬ直前は添い寝してジュースを口移しで飲ませていたという。

 「昨年11月、淀川区役所に生活保護のことで相談に行った」と供述。だが実際には生活保護は受けておらず、この時以外に公的機関などを頼ろうとした形跡はない。

 逮捕後、遺体を前に「ごめんなさい」と号泣した。パート仲間の女性は「『主人が働けなくて私が世帯主なの』と笑っていた。もう一歩踏み込んで話してくれれば良かったのに、弱さを見せない性格で殻を破れなかったのかな」とつぶやいた。

 家庭での高齢者虐待に関する国の調査(平成15年度)では、虐待した介護者の17・7%は相談相手が不在。甲南女子大の津村智恵子教授(地域看護)は「高齢化と核家族化が進み、相談相手がいないケースは増えるだろう。介護者は独りで抱え込まずSOSを出してほしい」と訴えている。

コメント

はじめまして

循環器内科医のDr. Iと申します。

国は、こういう介護の現状を知らないのでしょうねー。
残念ながら。
知っててこういう制度にしてるなら、鬼だし。
知らないって事も罪になると思いますね。

Dr.Iさん

初めまして。官僚は、知らないはずはないと思うのですが、こうせざるを得ないという判断なのではないかと思いますね。しかし、国の基本的な政策、大企業を優遇し、税収を増やす、社会格差は生じても構わないという発想を変えてもらわないと、厚生労働省だけでは如何ともしがたいということなのではないでしょうか。

こうした政策の政権を支持するかどうか、患者さんに出来る範囲で説明をしてゆきたいと思っています。現政権にべったりの日医は期待できませんから、ネット上での医療従事者と患者さんの連合が出来ると良いですね。

またどうぞお立ち寄り下さい。

おはようございます。
このニュース、ほかのマスコミはどう報じるのでしょうね。
やはりいつものように、
哀れな奥さんや、生保窓口や、医者をたたくだけで終わりでしょうか。
これこそが「痛みを伴う改革」「美しい國」政策の成果だということを、影響力のあるどなたかが喝破してくれないものでしょうか…。
またもや朝からぐちコメントで申しわけありません。

AKIさん、今日は。よく調べてみていないのですが、他のマスコミはこのニュース、無視ではないですか。

経済財政諮問会議が、今度は新薬は製薬会社に薬価を決めさせると打ち出したようですね。医療費を切り下げたぶんを、そちらに回す積りなのでしょう。そうでなくても、高い薬価、これから新薬は天井知らずに高くなることでしょうね。政財界、それに御用学者の方々、アメリカ型社会に、どうしても持ってゆきたい様子です。富める者は、さらに富み、貧しきものはさらに貧しくなる社会・・・。医師の中にも、それを歓迎する向きもあるようですが、私は、それには乗れないというのが正直なところです。

国民は、この大きな社会構造の変化を知らされていないですね。

愚痴大いに結構!またコメントをお待ちしています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/334-97a86271

明日はわが身

ステトスコープ・チェロ・電鍵「自宅介護療養の悲劇」を読んだ感想。#子供がいない私としては、かなり身につまされる話ですね。ところで、記事中に甲南女子大の津村智恵子教授(地域看護)は「高齢化と核家族化が進み、相談相手がいないケースは増えるだろう。介護者は独り

  • [2007/03/19 01:42]
  • URL |
  • 7J3AOZ's Hamlife |
  • TOP ▲