FC2ブログ

東電を潰すべきだ 

以前にも記したが、東電は、やはり潰す必要がある。既に経営破たんしているのだが、多額の税金によって延命させられいるに過ぎないからだ。これでは、電力会社の原子力発電に対するモラルハザードが起きる。原発で事故が起きても、国が損失をカバーしてくれて生き残れる、だったらリスクに目をつぶって原発をできるだけ長期間稼働しようという経営方針への動機付けになる。

11月25日付けで、東電は、原子力損害賠償・廃炉等支援機構から738億円の支援を受け、これまでの支援総額が、4兆3844億円に達したことを公表した。一方、深刻原発事故への保険である給付は、1200億円のみ、だ。深刻原発事故は起きないという前提で、これほど少額の保険にしか入っていなかった。こちら。

東電福島第一原発事故は、まだ収束の見通しが立たないばかりか、環境汚染を引き続き起こしている。事故収束へのコスト、さらに廃炉のコストが、どれだけになるか予測がつかない。金の問題だけではない。周辺の住民の方々のかなりが、故郷への帰還を諦めたと報じられている。彼らは、いわば社会的に一度殺されたに等しい状況にある。彼らの負わされた重荷は、お金で解決できるものではない。同じ事故を繰り返してはならない。それをスローガンだけに終わらせないために、東電は、電力会社としては、社会から退場してもらうべきなのだ。

実を言うと、私は、リタイアを見越して、かなり安定した配当金のみこめる東電の株を、あの事故直前に購入していた。その株価ももう数分の一だ。配当なぞこれから先まず見込めないだろう。この株が紙切れになっても仕方ないと、今では思っている。これ以上、同じような原発事故を繰り返さぬために、東電は潰す必要がある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3370-20479187