FC2ブログ

Brian K9VKY 

Brianは、リタイアしたパイロット。ペンシルバニア在住のCWと古いリグの愛好家だ。21メガが東海岸に開けると、よく呼んでくれる。父上がチェロを弾いておられたとか。私の、qrz.comのbio.に記したCWの現状と将来についての文章の内容に同意すると仰って下さる。いつもバグキーでのんびりとおしゃべりを楽しむ方だ。

彼が:無線を始めたのは1960年、最初のセットアップは、6V6 807の水晶発振の送信機に、ハマーランドのHQ140Xだったとか。旧いリグの収集と修理を楽しんでおられるそうだ。

以下、彼の収集品。勿論、実際に用いている。

コリンズのSライン。この機械を使っている方も少なくなってきた。

Remaining Radios 2007 006 k9vky

Sラインの一世代前のコリンズ製送受信機。受信機は75A4か。

Radio Fombell 001lk9vky

Radio Fombell 007 k9vky

同じく、コリンズの受信機に、ハリクラフター(?)の送信機。この送信機はバイキングだったかしらん。

Bug Display 004 k9vky

これは1929年製のTNT発振器。

1929 TNT Oscillator 001 k9vky

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3371-d836a05e