ギルバートさん、それは占領軍マッカーサー元帥に言うべきですね 

ケントギルバートというタレント(本来弁護士らしいが)がいる。彼は、そのブログで、なかなか右寄りの論陣を張っている。

韓国に竹島の占拠を許したがために、わが国の漁民が殺され、拿捕された、したがって、憲法第九条を放棄して軍隊を持ち、自国の領土を守らなければだめだ、というポストを、彼が最近投稿している。こちら

竹島問題に関わる重要な歴史的事象は

1)占領軍により、マッカーサーラインと呼ばれる占有ラインが戦後引かれた。それによると竹島は日本の領土から外れていた。
2)下記のサンフランシスコ条約締結直前に、韓国の李承晩大統領が、自身の名前で呼ばれる国境線を引いた。それは、マッカーサーラインを踏襲するものだった。竹島は韓国領に組み入れられた。
3)サンフランシスコ条約締結。竹島の領有権は日本に帰属。

ということのようだ。

で、ギルバート氏の記した日本漁民銃撃事件は、李承晩ラインの韓国側で起きた。場所は、済州島付近のようだ。韓国による竹島占拠とは直接の関係はない。わが国の漁民が殺されたことは遺憾なことだが、問題は、憲法第九条ではない。いわば、占領軍の政策上の誤り・・・竹島を韓国の領土と解釈できるマッカーサーラインを一旦引いたこと・・・に由来する問題だ。それを、短絡的に、憲法第九条の問題に絡めるのは、誤りである。

米国が占領していた当時のマッカーサーラインと、サンフランシスコ条約で定められた国境との相違が、現在の竹島問題の直接の原因なのではないだろうか。これは、米国が仲介すべき問題だ。

日本に正規軍を持たせて、米国の世界戦略の一端を担わせようという動きが盛んにある。そのための集団的自衛権行使であり、憲法第九条改定ということだ。それで良いのだろうか、一旦米軍の世界戦略に組み込まれると、何千人という単位での死者を出すこと、本国もテロの脅威にさらされるようになること、そして最も大切なことは、戦後営々として築いてきた平和国家という名誉をかなぐり捨てることになる。我々に、そうするかどうかの選択が問われている。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3380-890c4e7c