FC2ブログ

公務員支給ボーナス額を低く見せるカラクリ 

公務員のボーナスが出たようだ。平均69万円ほど。他人のサイフにはあまり関心がないのだが、これには、額を少なく見せるごまかしがあるらしい。

一つは、管理職を除いた公務員を対象にしていること。

もう一点、五段階の勤務評定がなされているようだが、その中間の評価群だけが対象とされていること評定は優秀な方に多く、中間よりも高い評価が、大半を占めるらしい

公務員給与が、民間を参考にしているといいつつ、その民間とは、規模の大きい企業であることを思い起こさせる、

何故、こうした小細工をして、支給ボーナス額を低く見せようとするのだろうか。これらの小細工を除くと、平均支給額は90万円を軽く超えるらしい。こうした情報統制を目にすると、他でも同じように情報をコントロールしているのではないか、と疑わざるを得なくなる。特定秘密保護法も、行政にとって都合の悪いことをかくすためではないと断言できるか、はなはだ怪しい。

ボーナスの額を決めた人事院には、何かしら、後ろめたい気持ちがあるのだろう。確かに、国の借金が1000兆円を超える財政の元で、大盤振る舞いをしたとはとても言えないのだろう。

これから社会福祉の切り捨て政策が、矢継ぎ早に出てくることになっている。

沈みゆく泥船に乗っていることが分からないのだろうか。乗っているからこその大盤振る舞いか・・・。

コメント

今晩は、SHINさん。3件読ましていただきました。愛媛にいるときにはSHINさんと同じアンテナを揚げDXを追いかけ599BKをやっておりました。タワーは22mHのクランクアップでした。Donさんのお話には耳が痛いです。もう一つ、ボーナスですが市町村は国家公務員の給与を参考に(右へ倣えですが)議会で議決して貰っておりました。冬で退職前で90万くらいのボーナスだったと記憶しております。年間4.2か月くらいでしたか・・支給日も条例で決めており我が市では6月30日と12月10日でした。僕の給与は万年課長補佐でしたから県の係長級の給与でした。部長級が県の課長クラス、課長が課長補佐クラスだったと思います。松山市は独自の俸給表を持っていましたが近年、国家公務員に準じたみたいですが、給与はワタリ(上位の等級に短い年数で上がると給与の号給の差額が多くなり優位となる)が早く県下一でした。財政も豊かですから許されたのでしょうか。確かに民間会社に比べると、良い給与をいただいていたと思います。
56歳で昇給停止となりますが、税金泥棒ですみません。

Re: タイトルなし

公務員給与の件、実際の額も高めだとは思いますが、それに見合った仕事をしてくださっているのなら、何も申し上げるべきではないとは思います(私が、仕事の関連で見聞きした公務員の働きぶりには疑問符が付くことが多かったのですが・・・)。

問題は、ボーナスの情報を、意図的に操作していることです。これも、仕事をしているときに、行政の意図に都合よいように、情報操作をしょっちゅう行われていました。我々にとって、行政は一つの権力でしたから、権力が情報操作をする見苦しさを、嫌と言うほど見せつけられてきました。あのやり方が、行政全般にみられることが大きな問題であると思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3401-5ee3b2b9