FC2ブログ

小渕優子現象 

小渕優子氏は、今回の選挙でぶっちぎりの得票で当選した。

政治資金規正法で訴追されている人間が、このように立候補し、楽々と当選するのは、おかしなことだ。

週刊誌によると、彼女は毎月のように高級料理店で豪勢な食事を楽しみ、それを政治資金で処理していたらしい。一介の食事代が、数万から20数万円だ。どう考えても、政治的な会合に利用できぬような料理店がぞろぞろとリストアップされている。

さらに、証拠隠しとも受け取られる事実が明らかになっている。

少なくとも指摘されていることの一部は、本人が知らぬ間に行われていたことなのだろうが、これらのことは知らないでは済まされない。

こんな人物が、将来の首相候補と持ち上げられていた・・・いや、この選挙で禊は済んだとばかり、自民党の中で、重要な地位を占めることになるのかもしれない。

彼女が最初に当選したときに、政策を尋ねられて、これから考えると答えたのは有名な話だ。有力政治家の子弟であれば、政治的な見識も何もなくても、担がれて地盤を継ぐ。そして、地方と中央の間の顔であれば、それで存在価値は十分なのだろう。自民党政権の政治構造が見えてくるような小渕優子現象である。


以下、引用~~~

前経産相関係先、PCのHD破壊

2014年12月19日(金)10時51分配信 共同通信

 小渕優子前経済産業相(41)の関連政治団体をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が10月に関係先を家宅捜索した際、会計書類などを保存していたとみられるパソコンのハードディスク(HD)が既に破壊されていたことが19日、関係者への取材で分かった。

 小渕氏の関連政治団体をめぐっては、支援者向け観劇会などの支出が収入を大幅に上回っていたことが判明しており、特捜部はHDが壊された経緯を調べている。

 特捜部は10月30日以降、元秘書で群馬県中之条町長を辞職した折田謙一郎氏(66)の自宅や町役場などを家宅捜索した。

コメント

夜明けはいつ

群馬県の有権者は「みんなやっているから」と又小渕裕優子氏を当選させた。
これが日本人の平均的な感覚だろうか。
私どもが己の義務教育時代に教わった
「民主主義」はいつの時代に成立するのだろうか。夜明けはいつ来るのだろうか。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3405-538bd598