FC2ブログ

救急医療はさらに厳しくなりつつある 

この時期になると、大学病院で当直をしていた頃のことを思い出す。途切れぬ救急患者。ふと外を見ると白々と夜が明け始めているということを何度経験したことか。

救急車の出動回数が過去最高を更新し続けている、という。今後とも、高齢化が進み、救急医療の現場が忙しくなることはあっても、落ち着くことはないのだろう。特に小児科の救急患者は多い。救急にかからなくても良いのではないかと思われるケースが圧倒的に多い。しかし、親御さんにとっては、その判断が難しいのかもしれない。少なくとも、日中、平日に医療機関にかかれるのであれば、そうして頂きたい。それは、医療資源の整った時間帯にかかることで、患者さんにとっても、また医療現場にとっても良いことなのだ。

大学病院や大病院といえども、救急は極めて少人数の医療スタッフが行っている。医師の多くは、36時間連続労働だ。救急現場は疲弊しきっている。救急医療は、社会的に守らねばならない、共通の社会資源なのだ。夜間、休日の方が都合がよいとかかる患者さん、その親御さんには是非考えて頂きたいことだ。

マスコミは、救急車が患者さんの受け入れ先を見つけられず、様々な医療機関に当たらねばならない事態を、「たらい回し」と暗に医療機関を非難する論調で記事にしてきた。が、ここにきて、事態がそれほど単純ではないことにようやく気付いてきたようだ。救急医療現場は、私が現場にいた頃から比べて、数倍の忙しさなのではないだろうか。このままでは、本当に救急医療が必要な方に適切な治療を早期に施せぬ事態になる。

夜間、文字通り不眠不休で救急医療に携わるスタッフ諸兄姉のことを改めて思い起こす。感謝あるのみ。

以下、引用~~~ 

救急車出動、過去最多591万件 入院必要ない人が半数

桑山敏成

朝日新聞 2014年12月19日16時50分


 昨年1年間の全国の救急車の出動件数は約591万件と過去最多だったことが、総務省消防庁が19日に公表した2014年版の消防白書から分かった。搬送された人は延べ約534万人で、国民24人に1人が搬送された計算になる。

 搬送された人の54%は65歳以上の高齢者。出動件数が過去最多を記録するのは4年連続で、同庁は「高齢化が進み、今後も増える可能性がある」とみる。

 搬送された人の病気やけがの程度を見ると、入院の必要がない軽症や軽傷が50%を占めている。

 119番通報から救急車の現場への到着時間は平均8・5分で、10年前より2・2分遅くなった。通報から患者が病院に入るまでの平均時間は39・3分と10年前より9・9分遅く、2時間以上かかった人が約2万8千人いた。大都市を中心に、受け入れる医療機関を探すのに時間がかかるケースがあるという。(桑山敏成)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3409-923be468