FC2ブログ

RCC 

今朝、21メガで会ったJim KF7Eが、話しを始めた途端に、Bill AA4BQのことを知っているか、と尋ねてきた。聞き覚えはあるが、特に親しい友人ということはない。Jimが言うには、QRZ.comのBillのページに、同じサイトに私がアップした文章が引用されている、とのこと。Billのページに行ってみると、確かに、拙文がそのまま引用されていた。CWには、意味のある内容を扱うものと、ゲームのように無意味な内容を扱うものがある、後者が前者を凌駕しつつある危機的な状況にある、といういつもの私の主張を述べた文章だ。どのような意図で引用したのか分からないが、きっと同感だということなのだろう・・・ま、それはどうでも良いのだが、Billのページで、RCCのサイトへのリンクを見つけた。

RCCとは、30分以上のラグチューをしたハムが取得することのできる、かってARRLが発行していたアワードである。1950、60年代、ビギナーには人気のアワードだった。以前、すでに記したことだが、中学生だった私に、RCC加入の手続きをしてくださったのが、今は亡き、Ray WA6IVMだった。ARRLからペーパーのアワードが送られてきて、アワードなど縁のなかった中学生の私は舞い上がった。しかし、その後、RCCのことはすっかり忘れていた。

2004年、RCCの応募があまりに少なくなったので、ARRLはそのアワード発行を止めてしまったらしい。すぐにSPARという組織が、その発行を受け継ぎ、ネットでpdf化した、シリアルナンバー入りのアワードを発行し続けているらしい。こちら。CW限定のアワードかと思ったら、そうではないらしい。この発行条件の緩さ、それに無償であることなど、ビギナーには格好のアワードだろう。

あれだけ苦労して入手したDXCCオーナーロールのアワードは押し入れの中、プラークはアンプの上にぞんざいにほっぽり投げられている。アワードなど縁遠くなってしまった私だが、RCCだけは何とか続けてもらいたいものだと思った。親切にしてくださったRay、よちよち歩きのCWの私に根気強く相手をしてくださった、彼の親切さを改めて思い起こしたことだ。また、RCCへのリンクを、拙文とともに貼り付けてくれたBillにも感謝である。RCCに加えて頂き、こころ震えるほどの感動をしたことが、現在の私の基礎になっていると思うからだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3435-089ac45f