FC2ブログ

ペンシルバニアでも医師がいなくなっている 

と、今朝14メガで会ったSig N3RSが言っていた。

私が、こちらの医療の状況が悪くなっているので、リタイアを早くしたいと申し上げた。それに対して、医療現場から去らないで頂きたい、彼の住むペンシルバニアでも、医師が他所に立ち去るか、早期に退職する現象が起きているとのことだった。

医療訴訟が増えて、それに備える保険の費用が大きくなりすぎて、医療コストを大幅に上げないと仕事を続けられぬらしい。

昨今は、医療系掲示板でも、東南アジア等に移住して医師をする話も出てくる。日本の若い医師は、英語を身につければ、海外でも十分通用する力を持っている方が多い。このまま、官僚と財界が、医療を破壊し尽くせば、やがて医師の海外流出がおき始めることだろう。

医療システムは、重要な社会のインフラだという社会の合意が得られなければ、激烈な崩壊は避けられそうにない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/347-b577fd6e