FC2ブログ

メディア リテラシー 

いつも読ませていただいているブログ「新小児科医のつぶやき」で、「僻地義務化報道のメディアリテラシー」と題して、マスコミの報道のいい加減さが記されている。マスコミは、情報のごく一部だけを強調し、さらには情報を捏造することによって、本来の情報とはかけ離れた内容を報道することがある。医療、とくに医療事故に関連しての報道にそれが目立つ。

ここで議論されている、研修を終了した医師を僻地に強制的に赴任させる提言は、内容自体まるで実現する可能性のないことであるし、たとえそれが実現したとしても、研修したての医師を送り込まれる僻地の人々の立場も全く考えていないことだ。それを報道する、Asahi.comのいい加減さは、お笑いの対象である。特に、ブログ主が指摘するように、報道すべき「日医地域医療問題委員会の中間報告」そのものに目を通していないことは、マスコミ人として失格ではなかろうか。

昨今の「タミフル」騒動と言い、この問題と言い、マスコミの情報に踊らされぬ判断力が、我々に要求されている。「新小児科医のつぶやき」は、そうした判断を下す上で、とても有用で的確な視点を与えてくれる。様々な事象(医療に関する)の分析は、とてもためになる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/349-cda3fc55