国債をリスク資産と評価することを検討 

株価の上昇が続いている。買いを入れている主体は、外国勢らしい。短期の投機的資金なのだろう。今年度の予算は、96兆円と過去最高の規模になるようだ。

一方、バーゼル銀行監視委員会が、国債をリスク資産と位置付けることを検討していると報じられている。リスク資産となれば、銀行は巨額の引当金を積み上げなければならなくなる。日銀は272兆円、民間銀行は178兆円もの国債を買い込んでいる。国債にはリスクがあるということになれば、金融機関の負担さらに信用の問題が出現する。

異次元の金融緩和策が、何をもたらすのか、この先、遠くない将来に明らかになる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3521-f4a3e0e5