狂っている 

自民党現政権は、やりたい放題である。

教科書検定に際して、政府の見解を入れることを実現させた。その内容の是非は置いておくとして、教科書の内容に政府見解を加えることは異常である。教科書は、その時々の学問的な業績に基づくべきであって、政治的なプロパガンダであってはならない。

また、最近、とある民放テレビ局のニュース番組のコメンテーターを、降板させるように政府が働きかけたという。そのコメンテーターは、シリアでの人質事件で安倍政権を強く批判したためと言われている。その批判の当否は置いておくとして、「放送法」を振りかざして、官房長官がその放送局に圧力を加えるというのは、権力の乱用以外の何ものでもなく、異様だ。

自民党の「国際情報検討委員会」が、NHKに代わる新型国際放送の創立を提案している、という。、「従来のNHKワールド等の枠内では報道の自由など基本的な制約が多いため、今日の事態に十分対応出来ない」ためだと、同委員会は言っている。放送・マスコミや、教育は、時の政権、権力から距離を置くというのが、これまでのわが国の在り方だったのではないか。この委員会の言う国際放送が実現したら、それは某独裁国のプロパガンダ放送と同じになってしまうではないか。教育や、マスコミが、時の権力と一体化し、国民を誤った方向に導いたという痛切な反省から、そうした領域が、政治権力から距離をおくように制度設計されてきたはずだ。それを、一気にぶち壊し、自分たちに都合の良いように改変しようとしている。

狂っているとしか言いようがない。

コメント

先日読んだある記事に、大学には多くの助成金が交付されているのだから、入学式などには日の丸掲揚と君が代斉唱を行うべきだ。 と、政府からお達し?らしきものがあったようです。 良い悪いは別にして、各学校でその学校の方針によって決めれば良いものと思いますが、金を出しているから従えといっているようなものです。しかし、なぜメディアは教科書検定の話や新型国際放送などについて論評しないのか不思議ですね。論評すると何かまずいことでもあるのでしょうか? 空気が支配した(と、聞いている)戦前に逆戻りしている感じがします。

Re: タイトルなし

教育の私物化ですね。政治から何か品格が失われつつあるような気がします。

この週末から始まる統一地方選、この結果次第では、日本の社会が大きく変貌するような気がします。非正規雇用派遣無期限化、残業なし制度等々、良いのでしょうかね。現役世代が声を上げなくては、と思うのですが。

右傾化の問題ですが・・・日本は、戦争をできる国にはなりえないと思います。70年間戦争をしてこなかったという事実は重いものがあります。自衛隊海外派遣をして、戦闘により数十名以上の規模で戦死者が出たら、自衛隊除隊者が続出でしょう。すると、徴兵制が視野に上がってくる。戦前は天皇制という一種の宗教があったので、徴兵制が可能であったが、それが機能するとは思えません。ま、どういう経過になるかは分かりませんが、そこまで行く段階で、財政的に破綻でしょうね。戦争をできる国になる前に、財政破綻ということしか予測は難しいような気がします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3551-45864e30