原子力規制委員会委員長 田中俊一氏 

4年前のこのブログの記事、こちら、を読み返していて、田中俊一という名前に目が留まった。原子力規制委員会委員長 田中俊一氏ではないのか。

原子力規制委員会の同氏のページにも、その「提言」が載っているので、間違いない。田中俊一氏は、日本原研の主要なポストを歴任し、福島第一原発事故前には、日本原子力委員会委員長代理まで勤めた方だ。私が当該ブログ記事で引用した新聞記事にいみじくも記されている通り、「原子力推進派」の学者だったわけだ。

田中俊一氏は、あらたな規制基準で既存の原子炉を検査し始めたころ、「この審査基準は安全を担保するものではない。」と明確に述べていた。彼ら、原子力規制委員会の仕事は、新規制基準に既存原子炉が適合するかどうかを調べるだけである、というのだ。政府が、原子力規制委員会が安全性を保障してくれると言うのと対照的というか、政府の安請負にブレーキをかける対応だと思っていた。

だが、このところ、政府の原子炉再稼働の方針に沿う言動が、田中氏に目立つようになってきた。福井地裁の高浜原発再稼働差し止めを指示する訴訟判決では、真審査基準が世界の権威から認められたもので、それが認められないと言うのは残念だ、と言っていた。新規制基準に問題があることは、拙ブログのこちらの記事でも論じた。

福島第一原発事故直後に述べた国民へのお詫びの言葉を、田中氏は忘れてしまったのだろうか。あのお詫びが彼の生き方にかかわる言葉であるなら、現在の政権ににじり寄る姿勢は出てくるはずがないのではないか。やはり、田中氏は原子力村の人間に過ぎないのではないか。、

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3564-ec211b98