ふがいないマスコミ 

かって、小沢一郎氏の政治資金問題では、マスコミは「説明責任」の大合唱だった。一方、小渕優子氏が裏金作りをしていた政治資金規正法違反案件では、同氏には責任がないと不起訴になった。小渕氏は、側近が政治資金の流れを記録したハードでィスクを物理的に破壊する、という犯罪的行為を行っている。それなのに、小渕氏の責任を追及する声は、マスコミから殆ど聞こえてこない。

政治資金を裏金化し、選挙民や、配下の政治家に賄賂同然の金印を送っていたのではないか。また、政治資金を私物化していたのではないだろうか。こうしたことを許していると、財界と政権与党の間で、さらに酷い腐った関係が生まれ、我々の莫大な額の税金が、彼らに吸い上げられてしまう。

このマスコミの対応に、何かうすら寒いものを感じる。

「ニュースステーション」でコメンテーターが、政権批判を行ったことを、現政権が問題視し、菅官房長官は放送法を持ち出して、同番組を放映したテレビ朝日を恫喝した。東洋経済オンラインの記事によると、テレビ朝日は、コメンテーター室を設置した。テレビ局の意向に沿う人物を、コメンテーターとして招く、ということだという。

政権批判がすべて正しいわけではないが、マスコミには政権批判を行い、政権の暴走をいさめる役割があるはずだ。こんなことでは、強権的な政権が本性を現したら、一たまりもないだろう。マスコミは、「持てる者」の側にあることは重々承知しているが、マスコミのふがいなさには失望させられる。

我々は、社会で何が進行しているのか、その根幹部分にいつも目を向け、マスコミからは伝わらないことを理解し、それに基づいて判断を行う必要がある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3574-e7266596