家族でアンサンブル参加 

庭仕事と楽器の練習に明け暮れて、いつの間にか一週間このブログからご無沙汰をしてしまった。安保法制のことやら、信州で高齢で亡くなった親戚の方のことや、記したいことはあるのだが、忙しさと、書くモチベーションが下がってしまい、実現できていない。県単位での「医療改革事業」という行政主導のトンでもない、行政の利権のための事業も進められようとしている。

昨日、守谷市の方で立ち上げられたアンサンブルに、家内、娘と三名で三かしてきた。昨夜が初めての練習会。指揮をなさる方が、以前別な地域オケでお世話になった方で、彼からお誘いを受けたのだ。白内障で譜面がよく読めず、さらにフィンガリング(楽器の指使い)を決めてもしばらくすると忘れる、という老化現象そのものが目立ってきたため、一旦はどうしようかと迷ったのだが、彼や集うことになっている方の暖かな雰囲気と、演奏するバッハの管弦楽組曲1番という曲目に惹かれた。さらに、家族に話したら、彼らが乗り気になってくれたことも背中を押してくれた。

仕事を早めに切り上げて帰ってきた家内を乗せ一路294号線を南下。後部座席には、私のチェロ、それにしばらくぶりに娘が弾くバイオリンで満載。294号線を走るのは、2年ぶりくらいか。昔は、まっすぐに南下するこの道を走り、谷和原から常磐道で東京に良く向かったものだ。所々、二車線に拡幅されていたが、周囲の田畑、街並みはあまり変わらず。守谷市内に入り、混雑。守谷駅手前で右折し、目指す公民館へ。駐車場には、自分のアパートからすでにやって来ていた娘が待っていた。三名で練習会場にそっと入ると、すでに練習が始まっていた。

指揮者を囲んで、序曲の中間部分を演奏していた。弦は私達を含めて五名。管も五名で、オーボエ、バスーンそれにフルートがそろっていた。フルートは、第二オーボエのパートを吹いている様子。二、三の方を除いて、以前のオケで顔見知りの方ばかり。指揮者のI先生は、もう50歳台半ばだろうが、昔通りのダンディさである。私たちが加わったことで、予定されていた全員が集まったようで、自己紹介。その後、ほとんど休みなく、全曲を一気に演奏した。この曲は、これまであまり知らなかったのだが、バッハの曲としては、情感の深い部分に訴える要素が少ないように思えた。しかし、やはりバッハである。ハ長調という調性のためもあるかもしれないが、堂々たる風格の舞曲が並ぶ。ところどころで、譜面の見誤りをしたりしたが、大いに楽しめた。演奏に費やすエネルギー量は昔と変わらないのに、こちらのエネルギーが減って来てる。大いに汗をかき、最後には疲労困憊であった。終わってから、I先生にご挨拶。

帰路、途中で、こちらの地域オケに来ていたころいつも寄っていた、「魚平」という寿司屋さんに寄り、三人で遅い夕食を取った。娘、家内ともに楽しんだ様子。とくに家内にとっては、仕事と地域に付き合い以外の社会的な活動はこれまで皆無であったため、大いに刺激になった様子だった。楽器をまだまだ練習しなければならないし、仕事との兼ね合いが難しいが、一緒に通い続けよう。娘も昔は人見知りだったが、積極的にこうした場に出てくるようになり、成長したと改めて感じた。私は、やはり白内障を早く手術すること、さらに楽器の練習にもう少し時間をかけることか。家族でアンサンブルに加わる、この夢がようやく曲がりなりにも実現した。ありがたいことだ。、

コメント

jr2imj様

折角コメントを頂いたのですが、私の個人名が出ていたので、削除させて頂きました。申し訳ありません。個人名を公表しているのも同然なのですが、いろいろと差し障りがあるものですから・・・。

コメントの内容は、首肯しながら読ませて頂きました。ギターレッスンの方、さらに頑張ってください。

デュプレの演奏もしばらく聴いておりませんでした。また、エルガー等聞き返してみたいものです。彼女の演奏は、その情念の込め方が尋常ならざるものがあり、それが聴衆を惹きつけるのではないか、と思っています。

SHINさん、おはようございます。どうも至りませず失礼いたしました。コメントありがとうございました。また、よろしくお願いいたします。

重ねて申し訳ありませんでした。家人の仕事の関係で、ネット検索をする方がいるようなのです。

これに凝りませず、また楽しいコメントを頂けることをお待ちしています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3581-f66ac91e