アマチュア無線のクラブに関して 

facebook groupにFISTS EAのグループがある。何気なく参加を申請したら、rejectされてしまった。どんなメンバーが、どんな議論をしているのか、少し覗いてみたいというかるい気持ちだったのだが、メンバーでなければそのグループに参加不可という規則のようなので、仕方ないことだ。FISTS EAは、今はactivityのないJM1JOT氏等が立ち上げようとしていた時に、少し口を挟んだことがあり、また「一応(笑)」普通の交信によるオンエアーミーティングを行っている、ほぼ唯一のクラブであり、メンバーには普通の交信を広める役割を是非果たしてもらいたいものだと思っている。

私にとって、アマチュア無線のクラブは二の次だ。大切ではないという積りはないが、アマチュア無線は、一対一の交信からすべて始まる。その原点を重視しないクラブには入るつもりはない。アマチュア無線のクラブは、一旦成立すると、クラブの求心力を維持するために、コンテストやアワード、果てはアイボールをその活動の中心に据えることになる。まず例外はない。それは、アマチュア無線活動の本質から外れ、さらにメンバーを単に競争意識やアマチュア無線以外の要素によってつなぎとめる自己目的化した集まりになりかねない。それは違うだろう、というのが私の意見だ。それで良いと言う方は、そのようなクラブに入って楽しまれれば良い。

私は、今、FOCとCWopsという海外の二つのクラブにだけ加盟している。後者は、成り行き上ライフメンバーになってしまったこともあり、メンバーシップを形式上維持しているにすぎない(笑)。前者に入ってからすでに27年が経ち、その内容も少しずつ変容してきていることを感じる。端的に言えば、コンテストやDXをメインにしている方々の加入だ。彼らが入ることで、メンバー加入のルールがなし崩しに形骸化されつつある。FOCの委員会もそれを意識してか、旧いエートスを保つためにどうしたらよいかという意見をメンバーに公募していた。だが、FOCは、そのコンテストや、アワードプログラムに強制することはなく、ただactivityを保っていれば、居心地の良いクラブである。メンバーは、大体において、CWオペレーターとして優れた、尊敬に値する方が加わっている。FOCからの脱退も考えることも何度かあったが、少なくとも友人たちがそこに居続ける限りは、メンバーであり続ける積りだ。

私には少し気難しいところがあり、また「どっと」集まって盛り上がることが得意でないという面もある。それがクラブ活動に参加するのを躊躇させる要因の一つなのかもしれない、とも思う。だが、たかが趣味である。自分のやりたいようにやる積りだ。少し残念なことは、クラブの活動自体が、アマチュア無線の根本である、無線を通しての交流、意思疎通をすることに反する方向に向かっているクラブが見受けられることだ。それについては、機会を見つけて、発言してゆきたい。それ以外の点では、クラブで大いに楽しまれると良いと思う。私は、Tell me your storyをモットーに無線を楽しんでゆく。

コメント

名刺にXXクラブ会長、YYクラブ顧問・・・を誇らしげに書いている方が居ますが、tell me your story とは別世界の方です。組織人が退職すると無名になるのでZZ無線クラブ会長とかは利用価値があるようです。悲しい現実を見ます。今ワッチしながら書いていますが、面白くもない交信のオンパレードですね。

何だか申し訳ないような気がしますが、たわいのないやり取りを一部の方々としているだけです^^; 

最近はワッチはするものの、電波はほとんど出していません。Uゾーンのパイルほど、どうしようもないものもないですし。。G3KMGとの交信が唯一の楽しみですが、なかなかタイミングが合いません。

Takaさん

あぁ、そういう動機もあるのですね。私とは異質な世界ですね。リタイアしたお偉いさんが、国の叙勲を求めるのと同じ気持ちなのでしょうか。ただ、無線クラブには、それ独自の問題もあるような気がしています。

manabuさん

申し訳ないなど、とんでもない。気軽にポチしただけですから。これを機会にメンバーにとも思いましたが、やっぱりちょっと目指す方向が違うし、私はきらくに行きます。アンテナは北米を向きっぱなしですが、夜遅くなると、アフリカ、中東方面に向けることもあります。またお目にかかりましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3617-4908ea31