秘密の告白・・・Pat N9RV 

今朝は、というか、も、というべきか、早く目が覚めで、4時半から14メガに出た。北米がよく開けている。過去2,3週間、ソーラーフレアでどん底状態だったバンドとは全く違う。21メガも、北米、ヨーロッパに開けていた。

Pat N9RVが呼んでくれた。最近、時折呼んでくれるようになった。FOCのメンバーであり、3年前シアトルでご夫妻にお目にかかった。彼はactiveなコンテスターであり、FOCの機関誌Focusのコンテスト欄を担当している。アンテナは、6エレの三段スタック。qrz.comの彼のページに画像がある。強い。ピークで+30dBまで振っている。ちょっと体調を崩しておられた奥様のこと、乾燥した日が続き、山火事の季節がいつもよりも早く到来したこと、今日は祝日で朝食は彼が作るかもしれぬこと等をのんびり(とはいっても、30WPM以上のQRQだが)話しを伺った。

アンテナの話から、実を言うと秘密なのだけれどね・・・と彼の告白が始まった。彼は、局の設備を計画し、アンテナを立ち上げる方が、オペレートするよりも楽しいのだ、という。これにはびっくり仰天だった。コンテストには欠かさず出てくる彼が、そんな考え、気持ちでいるとは・・・。過日、このブログにもアップしたと思うが、トレーラーでW9からタワーを自分で移設した画像を送ってくれたことがあった。何故イリノイからはるばるモンタナまでタワーを自分で運ぶのか、とちょっと不思議だった。が、この告白を聞いて、はは~ん、そうやってアンテナを立ち上げることが、彼にとってはもっとも面白いことなのだろうと納得した。

最近、初歩的な記号論についての本を読み始めた。最初に、記号でやり取りする、communicationとは、何事かを他人と共有すること、なにかをcommonなものにすることという記載があった。メッセージを記号化して、communicateすることの意味はそこにある。そして、メッセージには、具体的なものごともあれば、自分の考えや感情など抽象的なものごともある。人間が社会的な生き物であることからして、後者の抽象的なメッセージをやりとりすることで、生きている喜びを感じる、ということなのかもしれない。

我々は、CWの交信でやり取りする内容は、どうだろうか。数字の羅列や、それ自体意味のない記号の集合のやり取り「だけ」に陥っていないだろうか。他者となにごとかを共有することを目指しているだろうか。大げさに言えば、この方向性の違いによって、CWによるcommunicationが今後も生きながらえるかどうかが決まる様な気がする。

Patに、この話をしようかとも思ったが、話しが長くなるし、現在も米国で有数のコンテスターである彼に説教をするような形になってしまうのではないかと恐れて、止めておいた。恐らく彼は無意識のうちに、コンテストだけでは物足らなくなってきているのではないだろうか。設備の設計、建設に楽しみを見出し、その内自らの気持ちや感情をcommunicateすることが楽しいと意識するようになるのではあるまいか・・・。

モンタナの大学で経済学の教鞭をとるPat。とても知的な方なので、きっと私の考えていることはすでに自分自身感じ、考えておられるかもしれない。大学を辞めさせられても、アンテナ建設業で生計を立てられるね、と冗談を言ってお別れした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3627-b59663ab