原発事故放射能被曝による可能性のある問題 

東電福島第一原発事故に関連して二つの気になるニュースがあった。

一つは、昨年北茨城市で超音波による小児甲状腺検診の結果3名の癌が見つかったということ。北茨城市は、同原発から南に60km程度離れた太平洋岸沿いの町で、事故時、かなり放射能汚染された地域である。検査は14年7月〜15年1月に実施。事故発生当時に0〜18歳だった市民6151人(0〜4歳は13年度の未受診者)が対象で、3593人(58・4%)が受診した。主催者は、事故から期間が短いこと、甲状腺癌は潜伏性に存在しうることから、原発事故との関連は浅いと結論付けている。

例によって、正常コントロール集団との比較がないこと、3名の陽性者の年齢構成、癌の組織形等が公表されていない(少なくとも調べた範囲では、見いだせない)ことから、この調査の意味づけはすぐにはできないが、注目しておくべきデータである。甲状腺癌が小児に多発する時期になる、今後1、2年間の厳密なフォローが必要になる。

もう一つは、原発周辺の大熊町等に自生するモミの木に、生育異常が多く見出されたという、放医研から出された報告。生育すべき幹が、途中で育たなくなっている。この事象は、実験によって放射能被曝によるものかどうか確認する予定だという。原発周辺の幼木に見られた現象だとすると、放射能被曝が関係している可能性は十分あるように思える。

放射能被曝の影響が明らかになってくるのは、今後数年間だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3688-9810566f