サイト・BBS『中高年からはじめるバイオリン』の終了 

表記のサイトが、今日で幕を下ろす。主宰されていたマキさんが、体調を崩し、維持管理が難しくなったのが理由のようだ。同サイトは、16年前にマキさんが、楽器(バイオリン)のレートスターターのために開設され、そのあたたかな人柄ゆえに、多くのレートスターターが集う場所になっていた。私も15年ほど前から時々お邪魔させていただいていた。同じようなサイトは、いくつもあったが、これだけ長期間、それも一定の活動を維持しながら続いたサイトは、他にないのではあるまいか。マキさんのこれまでの努力と、私を含めて集う人々へのご配慮に感謝申し上げたい。

個人のサイト、BBS、ブログは、何時は終わりを迎える。マキさんのように自ら判断し、その時を迎えるのはむしろまれで、いつの間にか火が消えるように、管理人はおろか、誰も寄り付かなくなってしまう、というケースの方が多そうだ。私のブログも、なんだかんだ書きたいことを書き連ねて、すでに9年経った。なんとなく終わるのではなく、マキさんがそうなさろうとしておられるように、きちんとご挨拶して、幕を引くことにしたいものだと考えている。

ネット上の個人のサイト、ブログ等は結局「自慢する」ためにある、と何処かで読んだ記憶がある。自慢というとちょっと語弊があるが、自ら何かを感じ、考え、観察したことを外に向かって発信したいということが、こうしたネット環境の場の存在理由なのだろう。第三者の冷静な目で見ると、やはり自慢話の一種なのかもしれない。でも、自分のことだけに拘泥した、文字通り独り言では、続かないだろうし、誰の目も引かないだろう。見解や、価値観の共有を求めて、またはそれらを戦わせるために、サイトやブログを続けるという側面も必ずあるはずだ。それを維持できなくなる、または維持できなくなりそうに自分で感じられるようになるときが、このブログに終止符を打つ時なのかもしれない。時の流れに押し流されて、どこかにふっと消えてなくなる、という運命ではある。でも、内面をすべて吐露した場ではなく、上記の意味での自慢話の類であったとしても、私の関心、興味それに対する考えを記し続けてきた場ではある。終止符を打つべき時が来るまで、もうしばらくの間、このブログは続けてゆきたい。

私信モード・・・マキさん、お疲れさまでした。何かの折にお会いできたらと念願しています。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3718-5b157b01