この東電幹部以上に、安倍首相には刑事責任がある 

この書類送検は、いかにも形式的だが、それでも東電幹部の責任を追及している点で評価できる。

東電福島第一原発の安全管理についておざなりな国会答弁をしていた、安倍首相こそが訴追され、厳正な判決を受けるべきだ。同原発の事故を予測した質問に対して、きわめておざなりな答弁を行い、抜本的な対策をとることを怠った安倍首相の罪は重い。こちら。

福島県警、東電役員らを書類送検
きょうどうつうしん 2015年10月2日(金)17時4分配信 共同通信

  福島県警は2日、東京電力福島第1原発から汚染水を海に流出させたとして、人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律違反の疑いで、法人としての東電と、新旧役員32人を書類送検した。

 原発事故の責任を追及している「福島原発告訴団」のメンバーらが、2013年9月に告発。県警は同10月に受理し、東電関係者らから事情を聴くなどして捜査を進めていた。告発を受理してから約2年がたっており、県警は「捜査を尽くした」としている。

 告発状によると、東電は、地下水が原子炉建屋で汚染されることを認識しながら対策を取らず、毎日300~400トンの汚染水を海に流出させたとしている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3719-fac528c1