FC2ブログ

W9RGB 

昨夜は、少し早く自宅に戻れたので、時々7メガをワッチし、波も出してみた。20時前後、北米東部が南太平洋周りで聞こえる。符号の立ち上がりの切れが良い、いかにも遠距離を飛んできたことを思わせる信号。4エレフェーズドアレーのW1MKが、一番強い。S9+。マサチューセッツは、まだ0℃とのこと。ベアフット組はS4,5程度。このパスは、長くは続かないのだが、それにしても挨拶だけのごく短い交信が続くのに少しがっかり。

早朝に出かける息子に合わせて、今朝は早めに起床。14メガを聴く。北米全体が、聴こえる。Vic W9RGBが、呼んで来た。CONDXはベストではなく、S5,6程度。ふわっとしたQSBを伴う信号だ。しかし、バックグラウンドが静かなため、ソリッドコピーだ。昨年8月以来の交信で、お互い喜び合った。

彼は、イリノイに住むエンジニアで、最近リタイアしたようだ。Purdue大学の出身だと誇らしげに言っていたが、その大学名を恥ずかしながら知らなかったのでネットで検索。ノーベル物理学賞を二人も輩出している、自然科学系の名門らしい。今朝、家族の様子を訊かれたので、次男が、まだ2年生になったばかりだが、将来大学院にも行きたいともらしていると話したら、是非Purdueに来いと言ってくれた。きっと外交辞令だろうとは思うが、それでもやはり嬉しい。

彼は、先月のテキサスでのFOCミーティングに出席、この後、中国への旅行、WashDCでのFOCミーティング、デイトンなどへ行くことも計画しているらしい。

弟のDave K6XGも、そのオルガニストの奥様Aliciaと元気に過ごしているらしい。Daveはリコーダーのレッスンを受け続けているようだ。Aliciaは、チェロを続けているらしい。きっと、バロックのソナタなど合わせているに違いない。

私のオケ活動も報告。「ブラ4はいいねぇ」と、共感してくれた。彼とは、数年前に21メガでお会いし、最初からブッシュ批判で盛り上がった仲なので、話が合うような気がする。彼も同じように思ってくれているのかな(笑。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/375-9e333f10