FC2ブログ

K4EWG 

同じ人のことを、別な場所で、同じように繰り返し紹介しているかもしれない・・・ま、笑って読んで下さい。

Pete K4EWGはジョージア在住のハム。彼ほど、自己完結というか、すべての点で完璧なハムはなかなかいない。JAで言うと、JA1AEA 鈴木さんのような存在か。

今朝、14メガは、あまりCONDXが良くなくて、一応北米全体に開けているものの、全体として信号が弱い。PeteはS8程度で頭抜けていた。彼の何が自己完結なのか・・・リグはすべて自作、アンテナはワイアーを用いたVビーム。CWの運用も完璧。DX・コンテストもすれば、ラグチューも楽しむ。人柄もすばらしい。と、いうわけだ。

リグは、昔から全部真空管の自作のトランシーバーを用いている。整流器だけは、ダイオードだけどと言って笑っていた。Vビームは、片方のエレメントが210ft、高さは20m。オープンワイアーフィーダーで給電し、これまた自作のチューナーで160mから10mまで出ているらしい。JAの方向に張ってあるが、反対のZS方向にも十分使え、さらにサイドローブが出ているらしく、ヨーロッパにも飛ぶ、とのことだった。

奥様の許しが出たとかで、近いうちに、30mのタワーに7メガの3エレを上げるようだ。このVビームも30m高に上げて、両者を比較するのが楽しみだと言っていた。

彼のキーイングは、躍動感のあるキーイングで、ミスが少ない。とても個性的だというわけではないが、一度耳にすると忘れられないキーイングだ。エレキーが自作かどうか確認していないが、まず、間違いなく自作だろう。昔からのFOCメンバーで、少なくとも私がカムバックした1980年頃から、コンスタントに彼の信号が聴こえ続けている。

息子さんが1年前に結婚したので、早く孫の顔を見たいという希望だが、孫はしばらくお預けらしいと笑っていた。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/378-d9847d69