マイナンバー制度のマイとは何を指す? 

マイナンバー制度が来年早々施行されるわけだが、民間の方で対応できているところはむしろ少ないらしい。個人情報が漏れだす可能性が高い。官の方も、あの社会保険庁や厚労省の情報管理の有様を考えると、情報が唯もれする可能性がかなりある。国家を優先する現政権にとっては、この制度が国民を統括し、支配する道具になる可能性も大きい。

それなのに、疑問の声がほとんど起きない。もしかして、マイナンバー制度というネーミングで国民は騙されているのではないのか。国民にとって、ありがたい制度と勘違いしていないか。マイといっても、そのマイの意味する主体は、国民ではないのだ。官であり、この制度で利益を上げる業者、官の天下り先の制度を管理する法人なのだ。

マイナンバー制度とは、これまで度々潰れてきた国民総背番号制度と、完全に同一なのだ。ネット環境が一般化した今、この制度により、国民の個人情報が漏れだし、さらに国民の支配の道具にされる可能性をもう一度認識すべきだろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3785-88b286dc