原子力損害賠償・廃炉等支援機構 

東電は、原子力損害賠償・廃炉等支援機構から莫大な財政支援を受けている。すでに5兆円を越えているこちら

この「支援金」どこまで積み上げられるのか。電力会社・原発関連企業のモラルハザードになっているのではないだろうか。いざというときには、こうした支援を受けられるのだから、原発再稼働をどんどん進めようという経営判断につながっているのではなかろうか。

このお金は結局税金、または電気料金で我々が支払うことになる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3867-515ad2c6