いつものことながら・・・ 

CWopsのMLの配信を一旦停止とした。例のCWTの結果だけのメールが余りに多い。で、いっそのこと配信停止にしてしまったということだ。MLも関心のない内容であると、目障りなだけだ。

それはさておき、やはりコンテストは、それ自体ラグチュワーだけでなく、ごく普通の交信を楽しむハムを追いやってしまう。コンテストの前後で、普通の交信が聞こえなくなる。コンテストが行われるとなると、その前からオンエアーをしなくなるだろうし、またコンテスト後にはしばらく出なくなる。そうではなくても、普通の交信を楽しむ人々が少なくなってきているのだから、このコンテストによる抑圧効果は結構効いてくる。

先日もJack WA7HJVと話したことだが、近い将来、普通の交信をする相手を見つけるのが、きわめて困難になることだろう。おそらく、クラブのロールコールや、スケジュール交信しか存在しなくなるのではあるまいか。このところ、CQは出しても、2,3回までに制限している・・・続けても相手のいない現実は変わらないから・・・のだが、一昨日、7メガの夕方とても静かなバンドだったので、30、40分CQを出し続けた。だが、コールは一つもなし。

この現象は、以前から記している通り、この数年間に目立つようになってきた。定量的なデータを取っているわけではないし、私個人の感想に過ぎないのだが、普通の交信をする局がめっきり減ったというよりも、居なくなった、というのが率直な感想である。おそらく、JAでは普通の交信をする局のかなりが和文専門になったのだろう。Wでは高齢化か。夜早い時間帯に、夕方7メガに時々出てくる、Tom W6XFも、CQへの応答がないといつもぼやく。そこに、コンテストのインフレーションである。毎週末は、何らかのコンテストが複数!開催され、毎水曜日にはこのCWTが細切れとはいえバンドを席巻する。コンテストによって、普通の交信をする局のactivityが落ちた可能性も十分ある。理由は何であれ、このactivityの低下は、さらにactivity低下をもたらす。悪循環である。

この悪循環を断ち切るとまでは言わないまでも、それを促進するようなイベントを開催するのは、CWクラブには止めてもらいたいものだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3869-af351beb