別に芸能人だからというわけではないが・・・ 

沖縄で結成されたSPEEDというグループの一人、今井絵里子氏が、参議院選挙比例区代表候補として自民党から担がれることになったらしい。

昨年夏には、彼女はネット上で安保法制を批判するような言動をしていた。沖縄出身者として、戦争に異議を唱える発言も繰り返してきた。その彼女が自民党から立候補するというのは、理解に苦しむ。

自民党は、沖縄の島尻安伊子議員(現、沖縄北方担当相)を何とか当選させたいと考えているらしい。島尻議員は、普天間基地の辺野古移転に反対・消費税増税に反対して、前回選挙で自民党から再選したが、その後あっさり宗旨替えをして、移転を推進する立場で政治活動を行っている。島袋議員を沖縄で当選させるための「タマ」として今井氏を利用する魂胆のわけだ。

沖縄の人々は、自民党による自らの扱いを忘れるべきではない。

今井氏擁立の舞台裏について、リテラに述べられている。こちら。

彼女以外にも、自民党は芸能界やスポーツ界から候補者を出すらしい。政治畑以外から政治に進む人がいてもいいとは思うのだが、これまでそうした経歴の政治家できちんとした政治活動をしていると思われる政治家は極めて少ない。選挙に勝つための「コマ」にさせられているのが大半だろう。

こうした構図は、国民の政治への不信を強める。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3876-c0313bc8