大震災、原発事故から5年 

以前から何度か取り上げた、2006年安倍首相が国会の質疑で示した答弁書の内容について、LITERAで取り上げられている。安倍首相とその取り巻きの、無責任さが良く分かる。こちら。ぜひ拡散して頂きたい。

原発再稼働にあたって、「世界で一番厳格な規制基準」を適用しているというが、以前に取り上げたように、ヨーロッパの加圧水型原子炉等の原子炉自体の強化策はとられていない。地震・津波に対して十分な対策がとられているのかも疑わしい・・・なんといっても、福島第一原発事故の原因がしっかり究明されていないのだから、根本的な規制基準にはなっていない。テロリストからの攻撃にはどう対処するのか。さらに、深刻事故が起きた時に、地下水による汚染水の際限ない発生をどうやってふせぐのか、さらに近隣の住民をどのようにして非難させるのかといった点がまるでなおざりにされている。

大震災と原発事故から5年が経とうとしている。あの惨事で命を落とされた方、故郷を去らざるを得なかった方の無念に応えるためにも、こうした具体的な課題をしっかり受け止め続けなければならないと改めて思う。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3911-7504f358