FC2ブログ

参議院議員選挙 

この夏に、参議院議員選挙がある。特定の政党を支持して、生々しい選挙運動をするつもりはないが、現在の自公政権にはお灸をすえなくてはならない。

前回の参議院議員選挙の各等の得票は、ここで見ることが出来る。当時は、年金問題でさすがの小泉さんの人気も少し陰りが出てきていた頃だった。このデータを、素人なりに分析すると・・・

○自公以外の政党の得票数が、自公のそれを上回っている。実際、民主党が最も多い議席を獲得している。

○自民党単独では、30%しか得票しておらず、公明党の助けを借りて、ようやく政権を維持しているに過ぎないことが良く分かる。

○公明党は、共産党と同じく、組織票に依存する政党だろうが、政党名ではなく、候補者名での得票が多いのが目に付く。一方、民主党は、候補者名での得票は相対的に少なく、政党で投票されている割合が多い。自民党はその中間。

○推測になるが、公明党の一部が、自民党の候補者へ投票を行った可能性が強い(選挙区毎の立候補の調整だ)。民主党は、候補者の人選に魅力がないといえるのかもしれない(別に、タレントを引っ張って来いとは言わないが)。

現在の自公政権は、50%程度の支持率とか、最近のニュースで聞いたような気がする。一部大企業、大都市でのミニバブルによって、好景気と勘違いしている向きもあるのだろうか。民主党も、少し頼りない。

が、現在の自公政権では、国民が国に奉仕させられる国、一人前に戦争の出来る国、そして強いものがより強く、弱いものはより虐げられる国になってしまう。是非、各党のマニフェストを検討なさり、これからの国の将来を見据えて、投票に出かけて欲しい。自民党は、公明党の組織票に頼ることだろう。また、選挙直前になれば、北朝鮮拉致問題等で派手なパフォーマンスに出たり、タレントを担ぎ出したりすることだろう。そうした目くらましには気を奪われぬことが大切だ。普段選挙に行かない方も、是非自分で検証し、投票して欲しい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/395-74d49525