熊本地震における報道統制 

NHKが熊本地震を報道する際に、各地の震度を地図上に表示する。そこでおかしいと思ったことがあった。必ず、地図に入るべき鹿児島県が必ず「切れている」のだ。熊本県に接するように薩摩川内市がある。そこには、唯一稼働中の川内原発があるのだ。どうも、川内原発における震度を意図的に表示しないようにしているのではないか、と思った。

今日の「日刊ゲンダイ」によると、その想定はドンピシャのようだ。籾井NHK会長が、政府・行政の公表すること以外報道しないように、と現場に命じていたらしい。その意図を、現場が慮って、川内原発は大丈夫であるという政府発表だけを報じ、同地での具体的な震度を故意に伏せた、というのである。情報統制そのものだ。今のところ、川内原発では重大な事故は起きていないようだが、地震は西南方向に向かって進展する気配を見せていたので、川内原発が今後ともに安全であるとは言えない。国民の不安を煽らないように報道統制する、というのは逆さまだ。国民の不安を煽る原発再稼働中の川内原発についてこそ、その震度等を適切に報じるべきなのだ。

我が国には、わかっているだけで2000の活断層があるという。学会が監視し続けているのは、その内110だけ。さらに、これ以外に6000の活断層があるとの予測もある。現に、今回の熊本地震では新たな未知の活断層が地震活動をおこしたと考えられている。要するに、活断層が近傍にない地域は、我が国には存在しない。どこにでも活断層がある可能性があるわけだ。その国土に、54の原発を設置しているのは、ほとんど狂っているとしか言いようがない。

福島第一原発事故の起きる5年前に、津波などの自然災害によって原発は全電源喪失を起こすことはない、したがってその対策をとる必要はない、と国会で答弁した安倍首相が、今も首相の座にある。そして、彼と、その配下の籾井会長が、報道統制を行っている。これは、犯罪的なことである。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3969-cda1db28