Nivolumabの高薬価問題 

以前、ここでも取り上げた、高薬価のオプジーボ(Nivolumab)の問題を、東洋経済オンライン昨日付の記事でも取り上げられている。こちら。確かに、肺がんにまで適応が広げられ、毎年5万人が使うとすると、この一つの薬だけで、薬剤費は1兆円を超す。この記事の記者は、この高薬価の薬剤による公的保険への負担を減らすために、どのようなケースにこのように高価な薬を用いるのか、ガイドラインを作るべきだ、という主張をしている。要するに、すべての患者に投与するのではなく、投与対象を限定すべきだ、というわけだ。

確かに、それも一理はある。だが、日本の薬剤費の医療費に占める割合がもともと20%と先進国中最高であるという背後の問題がある。かつ、製薬企業は軒並み好決算を計上している。製薬業界にさらに大きなパイを与えようという、政治・行政の意向が働いているのではないだろうか。

オプジーボの高薬価は、本来悪性黒色腫という比較的まれな悪性腫瘍だけを適応症として決められたためだった、と言われている。悪性黒色腫でのみ用いられる希少疾患薬剤オーファンドラッグ扱いだったわけだ。その薬価を、患者数の多い肺がんなどに適応症を拡大する際にそのまま援用したということらしい。これでは、薬剤費が膨れ上がるのも無理はない。こうした薬価設定の仕方に大きな問題がある。

もともとの開発、製薬に関わるコストを厳密に査定し、さらに適応症が拡大した場合は、それによって見込まれる当該薬剤による製薬企業の利益の増加分を考慮して、薬価を決めるべきだ。このプロセスが、製薬企業にだけ有利に働くように行われているようにしか思えない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/3982-de2d19dd