FC2ブログ

日本会議 

日本会議という団体をご存知だろうか。神道を中心とする右翼宗教勢力と、政財界が手を携えて、偏狭なナショナリズムの高揚を図っている団体だ。役員には、安倍首相を始め現政権の主要なメンバーが名を連ねている。この会議の、目標を現政権は着々と実現しつつある。

偏狭なナショナリズムを高揚することは、神道にしてみたら、過去への回帰であり自己勢力の拡大に繋がる。自民党にしてみると、これまで彼らを支えてきた戦前を体験した高齢者が少なくなり、新しい支持基盤をこの会議に求めているのだろう。

それだけだろうか。人間社会は、常に統合され、まとまる中心的な存在を必要とするのではないか。彼らは、旧き価値、天皇制を中心とする宗教性を帯びた価値観に、それを求めようとしているのではないか。私が、政権を担う立場にあるとすれば、現在の雑多な価値観と、個人主義がカオスを作り出している現代社会に、そうした人々をまとめる価値観が必要であることを痛切に感じるに違いない。

果たして、これで良いのだろうか。第二次世界大戦後、普遍的な価値を持つ現憲法を、我々は手にした。それが変質させられようとしている。日本会議のような偏狭なナショナリズムの過去の亡霊に、この国の行く末を任せてよいものだろうか。

日本医師会長も、日本会議の役員だ・・・。体制に尻尾を振るなよ、唐沢さん。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/407-c2a711ac