FC2ブログ

在宅介護を進めることは可能か? 

ブログ「勤務医 開業つれづれ日記」から、以下の報道の情報を頂いた。

北海道で療養病床に入院している家族を持つ方にアンケート調査した結果、同じ病状で在宅介護療養をすることを求められた場合、95%の人が、不可能と答えたという北海道新聞の報道

老老介護の実例等も記されている。

これは尤もなことだと思う。介護医療は、24時間拘束される仕事だ。家族なのだからすべきだということに無理がある場合が多い。

上記ブログの筆者が、指摘するように、これは行政が受け持ってきた、高齢者の医療介護に要する費用を、無料の労働力である家族に負わせることに他ならない。

療養病床を削減するのであれば、その前に、患者さん達の行き先を確保しておくべきではないか。療養病床削減を先に行うのは、大きな失政だ。

先ごろ、開業医にも、在宅医療を365日24時間対応させるというプランを行政が打ち出したが、現状の医師数と医療費では、それは無理だ。家族が在宅介護をするのは、それ以上に無理である可能性が高い。これが実現したら、全国各地で様々な悲劇が生まれるだろう。

これが、美しい国の実態なのか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/409-69c87cec