二つの手 

Don K8MFOが撮ったEllen W1YLの近影がK5BGB経由で送られてきた。

Untitled.jpg

フロリダ在住。リモートコントロールで、ネバダのW7RNから、こうやって毎日のようにオペレートなさっている。もうすぐ90歳とのこと。

おそらく利き手であろう右手には、サポーターが巻いてある。彼女に健康状態をうかがっても、もう歳だからとほとんど何もおっしゃらないが、Donによると、長年の無線通信士としての職業病、カーパルトンネル症候群の由。

右手に痛みが出ると、左手で送信なさるらしい。左にも同じケントのパドル・・・・。

彼女とは、週に1,2回定期的に交信させて頂いている。長い話にはならないのだが、あちらで朝の活動を始める前に、私と交信するのを楽しみにしている、と仰ってくださる。

彼女は、悠揚迫らぬオペレート振りだ。どこかのMLだったか、彼女に向かってではなかったかもしれないが、リモートコントロールなぞアマチュア無線ではない、と厳しく断じた方がいた。そこで、Ellenは、怒らず騒がず、この新しい技術で自分がいかに毎日充実して過ごせるのか、ということを説いた。もちろん、暴言を吐いた方は、二の句が継げなかったのは言うまでもない。

Facebookでも友人の一人にさせて頂いているのだが、彼女は時々政治的な発言もする。きわめて明快なリベラルである。すばらしい・・・。

かすかなほほえみを浮かべた表情、Ellenの素晴らしい画像ではないか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4095-545a6f52